ローカル缶詰から郷土汁まで オレンジページが紹介する「ニッポンのうまいもん」

OVO

2018/9/14 11:37


 ご当地ラーメンから絶景×駅弁まで、ニッポンのうまいものが集合した『オレンジページ10/2号』(オレンジページ・東京)が15日、発売になる。昨年の大人気企画「ニッポンのうまいもん」の2018年バージョンだ。

新顔から定番まで、全国から掘り起こした各地の“うまいもん”や、再現レシピが多数紹介されている。例えば、ユニークな橋本食堂の「鍋焼きラーメン」。高知県の中でも須崎市だけに残るご当地ラーメンだ。また鉄道フォトジャーナリスト、櫻井寛さん監修企画「絶景×絶品駅弁」では、小淵沢駅「高原野菜とカツの弁当」。愛知県のひつまぶしに着想を得た福岡県「とりまぶし風」は、本場では「水炊き」のスープをかけて食べるそうだ。 また缶詰博士・黒川勇人さんセレクトのローカル缶詰など、どれも食欲の秋の胃袋をさらに刺激しそうな“面々”だ。「シンプルおかずカタログ」付きで400円(税込)。

あなたにおすすめ