舞台に立つ姿でついに判明!?宮沢りえ「妊娠説」の真相とは

アサ芸プラス

2018/9/14 09:59


 9月11日に東京・マイナビBLITZ赤坂で公演された「スジナシBLITZシアター」第2夜に出演した宮沢りえ。「スジナシBLITZシアター」は、笑福亭鶴瓶とゲスト出演者がぶっつけ本番で即興芝居を作り上げるテレビ番組「鶴瓶のスジナシ!」(TBS系)の舞台版だ。2014年6月にテレビ版は終了したが、その後に舞台版が復活。舞台の様子が公演当日の深夜にテレビで放送されるようになったのだ。

「鶴瓶との即興芝居をする前に舞台挨拶のために現れた宮沢は、黒いズボンに白いシャツというシンプルなスタイル。今年3月にV6の森田剛との再婚を発表したのが突然だったことと、以前より宮沢がふっくらしたことから“妊娠説”が浮上していましたが、舞台に立つ宮沢は、スレンダーそのもの。結婚発表前後の宮沢がふっくらして見えたのは、ズバリ“幸せ太り”だったということでしょう。物語は田舎の小さな映画館が舞台。引退した大女優“松坂しのぶ”の娘で売れない45歳の女優という設定で、鶴瓶と宮沢が作り上げた即興芝居のタイトルは『踊るゾンビ』。芝居後のトークコーナーで宮沢は、鶴瓶と作り上げた即興芝居が盛り上がり不足だったことを悔やみ、そのお詫びと言わんばかりに故・岸田今日子のモノマネを披露。大いに場内を盛り上げ、本来の旺盛なサービス精神を発揮していましたね」(芸能ライター)

ネット上でも「宮沢りえの下腹部がぺったんこ。アレは妊娠じゃなくてただのシアワセ太りだったのか」「結婚発表当時は気が緩んでたんだろうな。今は全然太ってない」など、宮沢の姿を見て“妊娠していない”と感じた人は多かったようだ。

あなたにおすすめ