木村拓哉、ゴルフ撮影で圧巻ショット! 立ち居振る舞いにもスタッフ感心


俳優の木村拓哉が出演するラグジュアリーゴルフウェアブランド「MARK&LONA」(マーク&ロナ)のテレビCM『ゴルフに、自由を』編(15秒)が、17日より全国で放送される。

今年ブランド設立10周年を迎えた「MARK&LONA」は、木村拓哉を初のブランドアンバサダーとして起用。木村との対話の中で、「MARK&LONA」が提案する新しいゴルフスタイルを表現するキーワードとして「ゴルフに自由を」が生まれた。そして、「MARK&LONA」と木村が思い描く理想のゴルフスタイルを映像化したものが新CM『ゴルフに、自由を』編となっている。

撮影が行われたのは韓国・慶尚南道南海郡の「サウスケープ・オーナーズクラブ」。4月下旬の3日間で予定されていたロケは、直前の天気予報で3日間ともあいにくの雨。それでも木村の「オレって晴れ男だから」という言葉に一縷の望みを託し、ロケは敢行された。韓国へ到着した初日こそ大雨で震えるほどの寒さだったものの、次第に雨は上がり、雲の隙間から太陽が顔を出すようになり、最終日には快晴で汗ばむほどの陽気に。結果的に3日間のロケを通して、寒暖・晴曇と、気候・天候に合わせたバリエーション豊かなウェアの着用が可能となり、最高の撮影ロケとなった。

「ゴルフに、自由を」をテーマに行われた撮影は、実際に木村がコースでラウンドする様子を、ドキュメンタリーとして撮影していくという手法が取られた。「けっこう飛ばすなぁー」と思わず撮影クルーから声があがるほど見事なドライバーショット、流れるようなフォームが美しいアイアンショットなど、ゴルフ好きとして知られる木村は圧巻のショットを披露。そして、次のショットに向けてフェアウエイを歩く姿や、グリーン上での動き方、クラブハウスでの過ごし方など、木村の何気ない立ち居振る舞いの数々に、撮影クルーは「木村さんは、ゴルフをよく知っている人が見ても、“なるほどね”と思えるような動きを丁寧に表現していますね。だから、これは使えないなぁというようなカットは1つもありません!」と感心しきりだったという。

リアス式の地形を生かし、紺碧の海に向かって打ち下ろす名物の14番や、崖と海に囲まれた天然のアイランドグリーンの16番といったショートホールなど、雄大でかつ異空間のような佇まいのコースを前に、「プライベートでもまたプレイしに来たい!」と大絶賛の木村。木村の心の底からラウンドを楽しんでいる様子が、映像を通じて見る人々の心に響くCMになっている。

あなたにおすすめ