加藤和也さんを支える、母・美空ひばりさんからの「最後の手紙」

ザテレビジョン

2018/9/14 07:00

9月13日に放送された「直撃!シンソウ坂上」(フジテレビ系)で、今年没後30年を迎えた美空ひばりさんを特集。ひばりさんの輝かしい成功の裏に隠された激動の人生を、妹の加藤勢津子さん、息子の加藤和也さんらの告白とともに振り返った。

昭和歌謡史に今なお輝き続ける大スターのひばりさんだが、その成功の裏にはデビュー時から献身的に支えてくれた母・喜美枝さんの死や、ひばりさんの体を蝕む病魔の影があった。

点滴を打ちながらの公演となり、伝説的とも称される東京ドームでの「不死鳥コンサート」のフィナーレでは、腰に激痛を抱えながら100mもの花道を歩き切った。

和也さんは「あんな夢みたいな舞台を身内として見て、ステージを降りてきたリアルなうちのお袋も同時に見て、『これは手伝わなきゃ』って本当にその時にそういう気持ちになれた」と当時を振り返り、16歳にしてプロダクションへの入社を決意した際の心境を語った。

坂上忍は和也さんに対して、その人生にひばりさんを支えるという選択肢しかなかったのではないかと質問を投げかけた。

和也さんは笑顔で「選択ではないんですかね…やっぱり」と返しつつ、「うちの家族が命懸けで守って、うちのお袋が命懸けで歌ったともしびを消さない」ことが使命だと思っていることを打ち明けた。

さらに、和也さんはこの仕事に向き合えている源として、ひばりさんから送られた最後の手紙の内容を明かした。

そこには「早く元気になって和也と楽しい人生を送りたいと夢見て居ます」「ママは今度こそなやみを引きずって死にたいなんて思わずに、生きる事に向って歩みます。」と、母として息子に向けたひばりさんの愛情のこもった最後のメッセージがつづられていた。

「直撃!シンソウ坂上」は毎週木曜日夜9時より放送。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/162021/

あなたにおすすめ