作り置きの進化形!?人気主婦インスタグラマーが考案した『まるごと冷凍弁当』が革命的!

mamaPRESS

2018/9/13 19:00

主婦で人気インスタグラマーのMAYAさんは『まるごと冷凍弁当』の生みの親です。遠く離れた大切な家族にも手作りのおいしさを届けたい。そんなMAYAさんの想いが詰まった、これまでにない画期的なお弁当とは、いったいどんなものなんでしょうか?

『まるごと冷凍弁当』とは?








MAYAさん(@heavydrinker)がシェアした投稿





MAYAさん考案のまるごと冷凍弁当とは、ただ冷凍食品を詰め合わせたお弁当のことではありません。ご飯もおかずも詰めたお弁当をそのまままるごと冷凍し、レンジでチンするだけで食べられるお弁当のことです。

毎日お弁当を準備しなくてもお弁当箱ごと冷凍庫にストックしておくことで、忙しい朝にさっと取り出して持っていけるのが、まるごと冷凍弁当のスゴイところ!

学校や職場に持参するときは、お昼まで自然解凍をして、食べる直前にレンチンするだけでおいしくいただけます。

まるごと冷凍弁当の考案者、MAYAさんはご主人とお子さん3人の5人家族で暮らすママ。MAYAさんがまるごと冷凍弁当を作り始めたのは、ご主人の単身赴任がきっかけでした。

ご主人は外食も自炊も苦手。毎日コンビニ弁当では健康管理が不安、なにより遠くに離れてひとり頑張っているご主人に、栄養たっぷりの温かい手作りのご飯を食べさせてあげたいという想いから生まれたものです。

そのまるごと冷凍弁当の画像をInstagramに載せると、お弁当をまるごと冷凍するというこれまでにない新しい発想が話題と共感を呼び、フォロワー数は今や約18万人! たちまち人気のインスタグラマーとして注目を集めています。

MAYAさんの『まるごと冷凍弁当』をチェック!


MAYAさんのInstagramを見ると、愛情たっぷりでおいしそうなたくさんのまるごと冷凍弁当を見ることができます。

並んだ姿、圧巻です!








MAYAさん(@heavydrinker)がシェアした投稿





1週間分のお弁当を丸ごと冷凍して送っているMAYAさん。毎日おかずの内容を変えて、飽きない工夫がされた、愛情たっぷりのお弁当です。ハンバーグには切れ目を入れて、食べやすく。ココにも愛が見え隠れしますね。

ガッツリ系おかずの中にも色とりどりの副菜。愛を感じます!








単身赴任冷凍弁当 チキンカツ ドライカレー ハンバーグ 豚キムチ 茄子と豚ひき肉のピリ辛ミートソース カジキマグロ唐揚げには 根菜と豚肉の炊き込みご飯を。 右2つは冷凍済み弁当になります。 ―――☞―――☞―――☞𓃰⋆⋆ 付け合わせには庭の夏野菜も使って 茄子とピーマンのツナ炒め ピーマンと玉ねぎとハム炒め 小松菜の油炒め煮 胡瓜なしのポテトサラダなどなど。 イチオシはやっぱりパスタです。 豚肉を使った炊き込みご飯もジューシーで◎ そろそろ夏休みも終わりに近づき 子供達に焦りの顔が出始めました。 何故、なぜ計画的にやってたはずが のび太になるのだろう…。 憧れてるのかな、のび太に。 丸の内、残りは読書感想文3枚と算数。 1年生、残りは絵日記と朝顔記録日記。 うん、頑張れのび太!😂

MAYAさん(@heavydrinker)がシェアした投稿 –





おかずには、緑黄色野菜も取り入れて栄養・彩りともにバランスよく仕上げられています。パスタは、湯で時間を早めに切り上げることで、冷凍してもおいしくいただけるんですって!

いろんな小ワザが効いています!







冷凍弁当は、使い捨て容器に入れて送ることも多いのだとか。使い捨て容器だと、洗い物の必要がなく後始末がラクなのが良いですね。

『まるごと冷凍弁当』作りのポイント


まるごと冷凍弁当は、ただ単純にお弁当を作って冷凍する…という簡単なものではありません。実は、冷凍に適した容器や食材、詰め方などに、それぞれポイントがあるのだといいます。

弁当箱のポイント


お弁当箱は薄くて軽く、フタをしたままレンチンできて、ニオイが移りにくいものが良いようです。確かに厚みのあるお弁当箱だと、冷凍ムラができやすいですよね。

MAYAさんが愛用中のお弁当箱は、OSK社から発売されている『PCL-5S フィールイージータイトウェア』という業務用のお弁当箱。食器洗浄機や食器乾燥機にも対応していて冷凍にぴったりなのだとか。

入れるおかずのポイント


冷凍というと、解凍したときに味が落ちるのでは、と少し心配にもなりますね。だから、入れるおかずにもちょっとしたコツや、冷凍の向き不向きに応じたチョイスが必要なんです。

例えば、卵焼き。普通に作ったものを冷凍すると、パサパサになっておいしくない。そこで活用するのがマヨネーズ。マヨネーズを加えると、その油分で解凍後もしっとりとおいしく食べられるのだとか。

パスタを使うときは、固めに茹でたらオイルを絡めて冷まし、すぐにお弁当箱に詰めて冷凍すると麺が伸びにくく、普通のお弁当のパスタよりおいしくなるのだそう。

パスタソースは麺の真ん中に空間を作ってそこにインし、ソースとパスタの厚みが同じになるように詰めると温めムラがなくなるようです。

根菜系のおかずなら、解凍したあともおいしく食べられるきんぴらごぼうがおすすめ。ごぼうを薄く切って、チンしたときのムラがでないようにするのがコツなんだそうです。

詰め方(盛り付け)のポイント


詰め方の一番大事なポイントは、“お弁当全体の厚みを均一にする”ことです。レンジで温めると、ご飯は温まってもハンバーグの中心がまだ冷たいなどのプチトラブルが起こりがち。均一に温めるには、おかずとご飯の厚みを均一に保つことが重要です。

ご飯とおかずを別々の入れ物に分けて詰めたときも、厚みが均一なら2個同時にレンチンできて手間もはぶけます。また、どちらかを温めすぎることも、待っている間に一方が冷めてしまうことも防げますね。

冷凍のポイント


冷凍庫に入れたあとでも、冷凍するのに時間がかかってしまえば食品の味は落ちてしまうのだそう。そのため、アルミトレーを使ったり、アルミホイルで弁当箱を包んだりして、急速冷凍できるようにしているのだとか。

MAYAさん自身もはじめはたくさん失敗もしながら、そのたびにご主人からフィードバックをもらって別な方法を試したりすることでこれらのコツを掴み、徐々に腕を上げていったようです。そう聞くと、なんだか自分にもできそうな気がしてきました!

MAYAさんのまるごと冷凍弁当は、なんと書籍化もされていて、冷凍弁当作りのコツやレシピがたくさん詰まっています。私も試してみたい!という方はぜひ手に取ってみてくださいね!

『まるごと冷凍弁当』(宝島社)




出典:Amazon

TOP PHOTO/violetblue/Shutterstock

参照/

おうちごはん「MAYAさんの「冷凍弁当」に注目!遠く離れていても家庭の味を届けられるんです」

おうちごはん「レンジでチンの手作り弁当!MAYAさんの『まるごと冷凍弁当』が本になりました」

あなたにおすすめ