舞台歌唱指導・新良エツ子、モーニング娘。との出会いで知った“歌・ダンス+ルックス”を持つアイドルのポテンシャル

ザテレビジョン

2018/9/14 06:00

近年、アイドルグループによる演劇・ミュージカルが活気づいているが、その土壌を築いたのはハロー!プロジェクト(ハロプロ)で間違いない。2001年、モーニング娘。初のミュージカル「LOVEセンチュリー~夢はみなけりゃ始まらない~」を皮切りに、数々の舞台演劇、ミュージカルを上演し、早くから映像以外の芝居のジャンルにも活動の場を広げていった。

その後2006年にハロプロメンバーによる演劇プロジェクト「劇団ゲキハロ」を立ち上げ、2014年にそれを引き継ぐ「演劇女子部」のプロジェクトを開始。今年6月に成功を収めたモーニング娘。主演舞台「ファラオの墓~蛇王・スネフェル~」を始め、彼女たちを目的に足を運び、劇の楽しさを知った方も多くいるだろう。

「ファラオの墓」を始め、近年のハロプロ舞台の多くで歌唱指導に就くのが、自身もボーカリストであり役者でもある新良エツ子だ。初めての携わりはモーニング娘。主演舞台「ステーシーズ 少女再殺歌劇」(2012年)であり、この作品が新良の歌唱指導者としての本格的なキャリアスタートにもなった。

アイドルに興味がなく、ハロプロを知らなかった新良にとって、「ステーシーズ」でのモーニング娘。への歌唱指導は楽しさも混じる驚きの連続だったという。アイドルへの向き合いとなった当時のことを振り返りつつ、彼女たちアイドルグループによるミュージカルの魅力などを聞いた。

■ キラキラしているアイドルを見に行く気持ちが分かったモーニング娘。との出会い

――「ステーシーズ」当時のこと、覚えていますか?

もちろん、よく覚えてますよ。変わったまとまりの子たちだと思いました。モーニング娘。という1つのグループですけど、できることが1人1人全く違っていて、こんなにもバラバラな子たちと作品を作っていくというのは初めてのことでした。私がそれまでに指導、出演してきた舞台でこうもバラバラな座組はなかったので、ちょっと不思議な感覚でした。

――「どうしたものか」という感じですか?

それよりも、単純に面白いなという印象です。だって、最初からたくさんの色があるわけじゃないですか。それは強みだし、しかもみんな可愛いんですよ。歌唱力も演技力もまばらで、ポテンシャルはそれぞれ全く違うんですけど、可愛いというのは全員共通。やっぱりルックスが良いというのは役者にとって大事なことで、キラキラしてる彼女たちを見にいくお客さんの気持ちはこの時の稽古期間でものすごく分かりました。

1人、ヤンキーみたいな子(田中れいな)もいて、それもびっくりでしたね。見た目ヤンキーなんだけど、でもすごく可愛いくて、とても努力家で。私はそういう子が大好きです。れいなちゃんは歌もダンスもできて、芝居にも華がある。アイドルにもこんな子がいるんだって、それは意外な感じでした。

――歌唱スキルに定評のあるモーニング娘。ですが、「ステーシーズ」当時は田中さん以外はミュージカル経験は少なく、歌唱力もまだ不安定な時期だったと思います。

いえ。そんなことはなく、みんな歌えていましたよ。もちろん個人差はありましたけど、総じて歌えるレベルにありました。それがハロプロだからなのか、その時は分かりませんでしたが、色んなアイドルの歌唱指導を経験してきた今は、ハロプロは特別なんだなというのを実感します。

――接してみて、アイドルグループならではと思ったことはありましたか?

リーダーがいるということですね。一番上のれいなちゃん(6期メンバーの田中以外は9期、10期メンバーだった)がみんなを引き締めていたんですが、演者の中に統率者がいるというのは他の舞台ではありえないことなんです。それは普通、演出家の役目ですから。そういうのもアイドルグループであることの強みであって、あの時のれいなちゃんはリーダーとして相当プレッシャーだったと思います。仮歌をしっかり覚えてきていない子には厳しく注意してましたね。劇の歌唱指導は歌のレッスンではないので、入れてこなければ始まらないんですよ。

――そういう時、新良さんは怒らないんですか?

私はあまり怒らないです。だから厳しくはないですが、覚えてきていなければ「今日はやる意味がないからまた今度ね」という感じで流してしまいます。怒らないけど、じゃあ見ませんって。

――その方が堪えると思います。

だからです。人って、怒られるよりも呆れられるほうが嫌ですよね。代わりに怒るのがれいなちゃんで、体育会系かもですけど、これはすごく大事なことなんです。フワフワしている気持ちが先輩のひと言でピリッとするので、良いグループだなと思いました。

■ ライブパフォーマンスとは違う輝きを見せるのがミュージカルの魅力

――今年6月に上演した「ファラオの墓~蛇王・スネフェル~」はそれから6年。特に成長を感じたメンバーはいましたか?

石田(亜佑美)でしょうか。芝居は元々上手でやる気もあったんですが、以前は音取りに苦手なところがあったんですよね。去年の「ファラオの墓」(前年に上演した視点違いの同演目)の時もそこは感じていたんですが、今年の「スネフェル」では見違えたと思いました。音を音として捉えるのを止めたのかなという感覚です。

ミュージカルの歌は台詞なので、歌として歌ってはいけないんです。それでいてピッチ、音を外してはいけないから、意識するほどに…だったのかもしれないです。芝居もものすごく良くなったので、意識の比重をそちら側に置いて、変に考えなくなったのかな、という印象です。

――ライブのためにレッスンしてきた歌い方がありますから、自然に出てしまっていたんでしょうか。

普段ポップスを歌っているから、どうしても歌い上げようとするんですよね。ビブラートを効かせたり、リズムを細かく取ったり。それはポップスでは大切なことなんですけど、ミュージカルは違います。歌でありつつ台詞なので、それをポップスのように歌い上げてはミュージカルとしての旋律が美しくなくなってしまうんです。

「リリウム」(「LILIUM-リリウム 少女純潔歌劇-」モーニング娘。鞘師里保&スマイレージ和田彩花主演・2014年)の時は、特にそこに注意を払いました。ライブで経験を積んできた分、ポップスが抜けなくなっていたんですよね。それこそハロプロはリズムに厳しいですし。「芝居に寄せて歌うんだよ」と。そうすると自然に聴こえるからって。

声質も、歌と台詞で極端に変えないようにということも。小田(さくら)のように歌が上手い子ほどそうなりがちで、歌のように聴かせようとして、役本来の声から変わってしまうことがあるんですよね。でも「スネフェル」ではそういうところはなくなり、とても高いレベルに成長していました。

――歌唱に秀でた子は、それはそれで別の課題があるわけですね。

ハロプロに限らず、普段のライブの歌唱にならないように、仮歌通りにストレートに歌うことを常に意識させます。私は仮歌をそのシーンにおける歌唱表現の1つの形で、その通りに歌えばまずは大丈夫、という風に作っています。でも、崩せる役は仮歌から崩してもいいんですよ。それが役の個性であれば。

けれどみんな真面目だし、日本人の気質的に自分から崩そうって考える子はなかなかいないんですよね。表現のプランがなければ仮歌をなぞればいいんですけど、そこをもっと「自分の歌にしてやるぞ」という気持ちできてほしいなとも思います。何人かはいて、そういう子の指導はこちらも楽しいですね。

――「スネフェル」では生田衣梨奈さんにソロ曲があり、良い声をしているという印象でした。

「アンケスエンの手紙」ですね。音もリズムも難しい曲だったので苦労していました。でも、1曲丸々もらえるというのは個人の貴重な見せ場ですから、ものすごい頑張りようでした。芝居も並行するシーンだったので、歌いながらどうすれば格好良い芝居になるのか、私も歌唱指導として彼女の頑張りに応えようと、2人で稽古のたびに話し合って詰めていきましたね。

生田は運動神経が良いじゃないですか。だから、「ダンス、殺陣の時はもっと心が動いているでしょう?」って。その心の動きを歌にも移すだけだからって。アイドルを指導する時は、その子の得意分野に置き換えて教えてあげるのが良い方法かなと思います。最終的に彼女なりに捉えた成果がしっかり形になって、良いシーンに仕上げられたと思います。

そもそもアイドルはステージで表現力を日々磨いているので、芝居力の高い子は多いんですよ。そこに普段とは違う歌が付くことでグンと伸びる子がいます。ミュージカルの良さはまさにそこですね。ポップスの時に輝いている子とはまた違った輝きを放つ子が出てくるという。この子はこんな風に歌えるのか、こんな表現力があったのかって。それがまた戻ってポップスに生かせたら一番良いんですけどね。特にハロプロの歌は台詞が入る曲も多いじゃないですか。そういう曲が来た時に絶対に生かせるはずです。

■ 先輩から後輩に繋がれていくタスキ

――道重さゆみさんの「SAYUMINGLANDOL(サユミンランドール)」にも関わりがあるそうですが?

関わりというより、接点ですね。「SAYUMINGLANDOL」の原型って、私がドール役で出演した「ギア-GEAR-」(2010年・その後ロングラン公演)というノンバーバル演劇なんですよ。同じスタッフで作っていて、彼女から、「ギア」を見て、これがやりたいから「SAYUMINGLANDOL」を作ってもらったという話を聞いてびっくりしたんですよね。

私はさゆちゃんは芝居をやりたくない子だと思っていたんです。でも、「やりたくないとかじゃなくて、やりたいけど何か違うと思っていたんです」と聞いて、そういうことかと納得しました。「ギア」は台詞が一切ないパフォーマンスだけの特殊な舞台で、それをわざわざ見に行って「これがやりたい」と言える自己プロデュース能力はすごいと思いました。

歌ではなく芝居に行きたいと言った工藤(遥)、ダンスの道を選んだ鞘師にしても、17歳という若さで自分の人生をしっかり考えていて、すごい子たちだなと思います。後輩にそういう背中を見せる先輩もです。石田はさゆちゃんがいたから頑張れたと言っていたし、まーちゃん(佐藤優樹)はれいなちゃんに影響を受けているし、モーニング娘。のそういう関係は良いですね。

――ハロプロの中でも、モーニング娘。は特別な印象ですか?

こぶしファクトリーやアンジュルム、他のグループも総じてレベルが高いのがハロプロですけど、その中でもモーニング娘。はちょっと違うと感じますね。それはモーニング娘。の歴史によるところも大きいんじゃないでしょうか。モーニング娘。の中で成長できるかはその子次第ですが、見放されなければ先輩はちゃんと教えてくれます。先輩から後輩に、そうやって伝えてきた20年の歴史は特別だと思います。

最近は他のグループも新メンバーが入って繋がれていくようになったので、モーニング娘。みたいなグループがもう1つできていくと素敵だなと思います。個人的にはアンジュルムにそうなってほしいですね。あそこはモーニング娘。とは全く違うキャラ立ちが面白いグループですから。

【モー娘。舞台「ファラオの墓」歌唱指導・新良エツ子が推す革命を起こす可能性を秘めたメンバーとは? に続く。同記事は9月14日(金)朝11時配信予定】

新良エツ子……歌手・作詞家・歌唱指導。多くの歌声の使い分けを得意とし、舞台、ミュージカル、映像、様々なジャンルで活躍。幼少期よりクラシックバレエ・ピアノ・声楽なども学び、芸術への造詣が深く、ミュージカルやアイドルへの指導に定評がある。ハロー!プロジェクトの他、乃木坂46版ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」(作詞)、生駒里奈主演舞台「魔法先生ネギま!~おこちゃま先生は修行中~」(歌唱指導)など多くの作品に携わる。(ザテレビジョン・取材・文:鈴木康道)

https://news.walkerplus.com/article/161792/

あなたにおすすめ