「チア☆ダン」いよいよ最終回! プロデューサーが明かすROCKETSの魅力

ザテレビジョン

2018/9/14 06:00

土屋太鳳演じる女子高校生・わかばが、チアダンスで仲間と共に全米制覇を目指す青春ストーリー「チア☆ダン」(毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系)。7月にスタートして以来、「泣ける!」「勇気づけられる!」と、SNSを中心に話題となった今作も、いよいよクライマックスを迎える。

9月7日に放送された第9話では、見事全国大会出場の切符を手にするも、わかばがけがをしてしまう。チームのために大会出場を諦めかけるも、夢への思いと仲間との絆で大会に参加することを強く決意する姿が描かれた。

9月14日(金)に放送される最終回では、ついにROCKETSが全国大会へ! ライバルである全米五連覇JETSとの直接対決が描かれる。“できっこない夢”を追いかけ続けてきたROCKETSたちの姿は、最後の一瞬まで見逃せない!

ザテレビジョンでは、ドラマを手掛ける韓哲プロデューサーに再びインタビュー! 放送を前にドラマの最終回を前にROCKETSの魅力、さらに最終回の見どころを語ってもらった。

――「ROCKETS」の魅力を改めて教えてください。

1月から練習をしてきて、5月からは撮影をしながら空いた時間に練習をし…という過程をずっと見てきて、ROCKETSはチームとしてとても成長しています。その中心は土屋太鳳さんです。彼女はROCKETSのことを四六時中考えていて、本当に「部長」なんです。みんなの話をよく聞いていて、「こうしていこう」「ああしていこう」と。それにみんながついてきて、どんどんチームがよくなり輝いていく。

もちろん何度も壁にぶつかっていますが、このドラマが終われば二度と集まれないことをメンバーたちが今は強く実感して、一日一日かみ締めるように演技をし、ダンスをしています。

ほぼ1年苦楽を共にしているのでリアルな「部活」そのものになっています。実際の部活もそうですが、限られた時間だからこその素晴らしさというか、このチームを大事にしよう!というみんなの気持ちがドラマを超えてリアルに存在していることで、彼女たちの演技とダンスには偽りのない魅力が生まれていると、思います。

――最終回の見どころをお願いします。

「打倒JETS!目指せ全米制覇!」という“できっこない”夢を追いかけたROCKETSたちの最後の姿とダンスをぜひ見届けていただきたいです。

ROCKETSのラストダンスは、メンバー20人がこの夏をすべてかけて挑んだ“ドラマのためを超えた”ベストダンスです! そして、すべての人にエールと勇気を届けられる最終回になっていると思います。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/162065/

あなたにおすすめ