高木竜馬がグリーグ国際ピアノコンクールで優勝! 日本では9/23スタクラフェス&9/24「ピアノの森」コンサートに出演

SPICE

2018/9/14 06:00



2018年9月9日、ノルウェー西部ベルゲンで「第16回エドヴァルド・グリーグ国際ピアノコンクール」の最終選考が行われ、ウィーン国立音楽大学に在籍している髙木竜馬が第1位で優勝、さらに聴衆賞も受賞した。

今年の同コンクールでは、世界18カ国から30人の若手ピアニストが参加。最終選考では髙木(25歳)と、チェコの男性ピアニスト、マティアーシュ・ノヴァーク(20歳)、そしてロシアのアレクセイ・トルシェクキン(28歳)の三名が競い合った。髙木はエドワード・ガードナー指揮ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団と共に、セウゲイ・ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番ハ短調 Op.18」を演奏して見事1位に輝いた。優勝賞金は30 000ユーロ。2位はノヴァーク、3位はトルシェクキンだった。

髙木は、2018年9月23日(日)に横浜赤レンガ倉庫で行われるクラシック音楽の野外フェス「STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2018」における「クラシックin アニメ」ピアノの森コーナー(14:10~)に出演、その翌日9月24日(月・祝)には、奈良 春日大社 飛火野 特設ステージで開催される「TVアニメ『ピアノの森』ピアノコンサート」に出演する。TVアニメ「ピアノの森」で高木は(雨宮修平のメインピアニスト)を担当、反田恭平(阿字野壮介のメインピアニスト)、牛牛/ニュウニュウ(パン・ウェイのメインピアニスト)、大山桃暖(小学生時代のキャラの担当ピアニスト)と共に、両コンサートで同アニメの劇中に登場したピアノ曲を中心に演奏する予定だ(曲目は下記公演情報を参照のこと)。
(C)一色まこと・講談社/ピアノの森アニメパートナーズ
(C)一色まこと・講談社/ピアノの森アニメパートナーズ

TVアニメ 『ピアノの森』は、ピアノコンクールを舞台にしたドラマ。そこで演奏を担当する髙木がリアルなコンクールでその実力を証明する形となり、注目度はますます高まる一方。髙木からは 『ピアノの森』ファンに向けて次のコメントが寄せられた。

高木竜馬コメント

「この度、ノルウェーで開催されました第16回グリーグ国際ピアノコンクールにて、第1位、並びに聴衆賞を受賞いたしました。このような偉大な賞を受賞して、身が引き締まる思いです。コンクールでは、普段では体験し得ないような、多岐に渡る非日常の出来事が起こりましたが、 『ピアノの森』は見事にその様子を描いていることを改めて実感しました。第2シリーズでは、コンクールも佳境を迎えて、益々目が離せません。お気に入りのキャラクターを贔屓にするもよし、審査員の気持ちになって誰が通るか予想をするのもよし、皆様もご一緒に、コンクールの世界を体験してみませんか?」

なお、アニメの第1シリーズは好評のうちに最終回を迎えたが、ショパン・コンクールを舞台にした第2シリーズが2019年1月より放送される予定だ。

あなたにおすすめ