眞子さま、小室圭氏との結婚騒動に見る「秋篠宮さまと宮内庁」の裏目に出た対応


羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな有名人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます

<今回の一言>
「私のせいで、あんなに世間に晒されて」眞子内親王
(主婦と生活社「週刊女性」2018年9月25日号)

良かれと思ってやったことが、反対の結果になることを「裏目に出る」というが、秋篠宮家のご長女、眞子さまのご結婚に関する騒動は、全てが裏目に出てしまった結果という気がして仕方がない。

昨年9月の婚約内定会見で、眞子さまのお相手・小室圭氏がアルバイトであることを知って衝撃を受けたのは、私だけではないはず。庶民の世界でも、娘がアルバイトの青年と結婚したいと言ったら、「ちゃんと就職して、貯金もしてから」と周りがいさめるはずだ。内定会見で小室氏は自分の性格を「どちらかと言えば鈍い」と自己分析していたが、プリンセスにアプローチするだけで勇気がいるのに、その上、バイトの身分でプロポーズとは「どちらかと言えば」ではなく、かなり鈍いと言っていいだろう。湘南江の島のミスターコンテスト「海の王子」に輝き、アナウンサーを目指してスクールに通っていたという小室氏は、おそらく“自分が好きで、自分には価値があると信じている”タイプで、それは記者会見の様子からも感じられた。

小室氏が、書店で『月たった2万円のふたりごはん』(幻冬舎)を購入していたことは、好意的に報道されたが、イマドキの若者だと私は感じた。プリンセスと結婚するのだから、自分がしっかり仕事をして、守っていかなくてはいけないと考えるのは昭和の価値観で、イマドキの若者は、お金は男性が出すものと考えていない。小室氏も女性にも出してもらわないと困るし、ないならないで、それなりに暮らせばよいと考えているように感じたのだ。

「週刊現代」(講談社)によると、宮内庁は、男性皇族が結婚する際、お相手女性やその家族などについて興信所を使って何重にも素行を調査するそうだが、女性皇族の結婚相手は、職員が本人や家族に口頭でインタビューする「人物調査」程度で留めているという。都合の悪いことは黙っていさえすればいいので、チェックとしては相当手ぬるい。秋篠宮さまご夫妻が、よくお許しになったという意見が見られたが、この寛大さが「裏目に出た」ように感じる。

今から30年前、秋篠宮さまのご成婚の際、昭和天皇の喪中であることや、浩宮さまより先に結婚することに対し、よろしくないという報道がなされた。紀子さまに対する反感は「3LDKのプリンセス」という言葉からも感じることができる。紀子さまのお父さまは学習院大学の教授であり、職員の社宅(3LDK)に住んでいたことから、この名称がつけられたわけだが、そこには若干のトゲを感じずにいられないのだ。ほかの宮妃は、華族のご令嬢や総理大臣の娘など、そうそうたるお嬢さま方だが、それに比べて……ということらしい。秋篠宮さまはお誕生日会見で、お子さまたちの結婚について「本人の意志をできるだけ尊重したい」とおっしゃっており、ご自身の経験から、眞子さまに判断を委ねられたのかもしれない。

しかし、小室氏の母が抱えた金銭トラブルを「週刊女性」(主婦と生活社)が報じたことで、風向きが一気に変わる。小室氏の父は他界しており、母ひとり子ひとりで育ったが、母の元婚約者が「貸した400万を返してほしい」と金銭トラブルを打ち明けたのだ。小室母は贈与だと主張したものの、元婚約者男性が小室母から「お借りしてもよいでしょうか?」という文言を含んだメールを同誌に公開。借金を踏み倒す家が、プリンセスのお相手にふさわしいのかという議論が再燃し、週刊誌で小室氏バッシングが始まる。

そして、ついに宮内庁が眞子さまのご婚約・ご結婚行事の延期を発表。時間が足りず、結婚までのスケジュールがこなせないというのがその理由だったが、それを信じた国民がどれだけいたか疑問である。発表から6カ月後、小室氏は国際弁護士の資格を取るために、3年間のアメリカ留学へ旅立つ。「週刊朝日」(朝日新聞出版)によると、授業料は奨学金でまかない、生活費は小室氏の勤務先が負担するという。法律事務所が留学費用を負担することは珍しくないそうだが、それは弁護士資格を持っていることが前提だそうだ。バイトの青年をなぜこんなに手厚くサポートするのか疑問が残り、“見えないチカラ”が働いているのではと勘ぐる人がいてもおかしくないだろう。

数々のトラブルが発覚し、眞子さまのお気持ちが揺れているかというと、そうでもない。9月25日号の「週刊女性」によると、眞子さまの結婚の気持ちは変わることがなく、「私のせいで、あんなに世間に晒されて」と、小室氏をかばう心境だそうだ。オトナたちが、穏便に済まそうと、半ば強制的に2人を引き離したと仮定すれば、それが「裏目に出て」、余計に眞子さまの小室氏への思いが盛り上がってしまったとも考えられる。

今回の結婚延期騒動、「アルバイトの身分での結婚」「母親の金銭トラブル」「物価のバカ高いニューヨークでの生活費は誰が負担するか」など、常に争点はカネである。眞子さまにとっては、イケメンで優しい彼氏なのに、世間にはそう評価されず、攻撃されることが理解できないのかもしれないが、国民の税金が結婚に投入されるということは、それだけお相手はクリーンでいる必要がある。国民に、「あのお相手は、女性皇族と結婚したことでトクした」と思われてはいけないのだ。

遠距離になった眞子さまと小室氏をつなぐのは、言葉だろう。ニューヨークで頑張っている、愛している、早く結婚したいと言われたら、多くの女性が恋人を信じてしまうのではないだろうか。しかし、言葉はウソをつくけれど、カネはウソをつかない。ゆえにカネに対する態度で、人間の本質が出ると見ることもできるのだ。

「本人の意志を尊重する」というのは、リベラルな秋篠宮さまらしいが、世事にたけていない若いプリンセスに、国民にも祝福されるような素晴らしい青年を連れて来いという方が、無理なもの。やっぱり周りがある程度おぜん立てしてあげないと……と、私は思うのである。

仁科友里(にしな・ゆり)
1974年生まれ、フリーライター。2006年、自身のOL体験を元にしたエッセイ『もさ子の女たるもの』(宙出版)でデビュー。現在は、芸能人にまつわるコラムを週刊誌などで執筆中。気になるタレントは小島慶子。著書に『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』(主婦と生活社)『確実にモテる 世界一シンプルなホメる技術』(アスペクト)。
ブログ「もさ子の女たるもの

あなたにおすすめ