機内サイズでわずか1.7キロ!驚きの軽さを実現した日本製スーツケース

IGNITE

2018/9/13 22:00


スーツケースに求められる機能で最も優位性の高い機能のひとつが「軽さ」だ。

スーツケース本体の重量は、移動時の身体への負担に大きく作用するほか、昨今の航空会社による重量規則の厳格化に対応する為にも、スーツケースの「軽量化」は常に旅行者に強く求められている。



そこでバッグメーカーの「エース」は、日本製トラベルバッグブランドの「 PROTECA(プロテカ)」より、ブランド史上最軽量スーツケース『Aeroflex Light(エアロフレックス ライト)』を発売する。

■商品特長
1.軽量性
機内持込適応サイズでわずか1.7キロ!樹脂の中で最も比重が小さく、水よりも軽いポリプロピレンを主素材とした新素材「ウルトラストリング」を独自開発することで、大きく軽量化。キャスターやハンドルなど細かなパーツも軽さの追求の為、新たに開発した。



2.強靭性
独自開発の新素材「ウルトラストリング」は、軽さに加え強靭さを兼ね備えている。グラスファイバーを複合した素材をスーツケースに採用するのはラゲージ業界初。



3.機能性
メイド・イン・ジャパンの細やかさで追求した優れた機能性が、旅の移動を快適にサポート。

(1)軽くて静かな新開発キャスター
体感音量を大幅に軽減した独自開発の「サイレントキャスター®」を基に、更に軽量化を試みた新設計のキャスターを採用。



(2)快適な走行をサポート
身長に合わせて高さを調節できるプルドライブハンドルは、二本軸なので走行中のブレを防ぎ、安定走行をサポート。長時間使用しても疲れにくく、持ち手部分は手になじみやすいデザインを施している。



(3)トップハンドル
手になじみやすく、握りやすい新開発のトップハンドルは、柔軟で耐久性のある素材を採用。使用しない時はフラットになり、上部にちょっとした物を載せても邪魔にならない。



(4)ファスナー
開口部には糸切れしにくいラケットコイル・ジッパーを採用。撥水加工を施しているため、水のしみ込みを最小限に抑える。



(5)内装構造
荷物がすみずみまで収納できるシンプルなデザイン。荷物を分けられる仕切りと、しっかりホールドできる固定ベルト付き。



(6)シェルデザイン、カラーバリエーション
有機的なデザインのシェル(外装)デザインは、耐衝撃性を更に高める働きがある。

旅行気分が更に高まるビビッドなカラーのほか、ビジネスシーンでも使いやすいベーシックカラーの展開。





軽くて強い新素材スーツケースは、旅に軽快さと安心をもたらしてくれる。旅行がますます楽しくなりそうだ。



【プロテカ・エアロフレックス ライト】
カラー展開:ブラック/グレー/カーマインレッド/シフォンブルー
発売予定日:2018年9月14日(金)
サイズ:2サイズ展開(品番/外寸サイズ/重量/容量/本体価格)
01831/H55×W36×D24cm/1.7kg/37ℓ/58,000円
01833/H68×W46×D29cm/2.4kg/74ℓ/68,000円

(田原昌)

あなたにおすすめ