窪田正孝、広瀬アリスの幼少期写真に驚愕。美少女ぶりに「めっちゃ完成されてる!」

Movie Walker

2018/9/13 21:08

人気ゲームアプリを基にした長編映画『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』(10月5日公開)の完成披露イベントが9月13日に新宿ピカデリーで開催され、窪田正孝、広瀬アリス、錦織博監督が登壇。窪田と広瀬の13年前の写真が公開され、窪田が「めっちゃ完成されてる!」と小学生時代の広瀬の美少女ぶりに驚いた。

地面から切り離されて宙に浮いた“旧東京”と、地上に残った“新東京”の2つの世界に分断されている世界を舞台に、高校生・カナタ(窪田)と青い髪の少女・ソラ(広瀬)が世界を救うために立ち上がる姿を描く本作。“13年前に東京の一部が浮いた”という設定にちなみ、この日は窪田と広瀬の13年前の写真がお披露目となった。

大スクリーンに写真が映し出されると、会場からは「かわいい!」と歓声が上がったが、窪田は「高校生。17歳くらいのころ。お芝居を始めたてのころですかね」と紹介。「調子こいた感じでしたね」と振り返りながら、「『友だちをいっぱい作っておいたほうがいいよ』と言いたい。友だちはいたけれど、ごくわずか。ちょっと斜に構えていた時期だったので『いろいろな人と話したほうが人生楽しくなるよ』と言いたい」と当時の自分にかけたい言葉を明かしていた。

そんな窪田の13年前の姿を見て「全然、顔が変わらないですね」と感想を漏らしていた広瀬だが、自身の写真のお披露目には「小5くらい。バスケをやっていた」と照れ笑いを見せた。窪田が「小学校5年生!?マジか…めっちゃ完成されとるな」と美少女ぶりに驚くなか、広瀬は「よく男の子に間違われていた。夏になると真っ黒。この1年後くらいにスカウトされたんです」とコメント。「『この後、女優になるよー』って言いたい」と13年前の自分に語りかけ、「この時はバスケの選手になりたかったんです」と語っていた。

本作で声優に初挑戦した窪田だが、バトルシーンも多かったようで「ちょっとだけマイクから離れて、手振りをしながらやった。アリスちゃんには、不思議な生き物に見えたかも」と実際に体を動かしながらアフレコに臨んだとのこと。広瀬については「アリスちゃんは明るいよね。めっちゃ明るい。歩くパワーストーンみたい。横でお芝居をしていると、木漏れ日みたいな感じがして心地よかった」と語るなど、そのハッピーオーラに惚れ惚れとしていた。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)

https://news.walkerplus.com/article/162060/

あなたにおすすめ