元AKB仁藤萌乃が芸能界引退へ、直筆メッセージで報告

AKB48で女優の仁藤萌乃(26歳)が9月13日、自身のTwitterで、来年3月31日をもって芸能界から引退することを発表した。

仁藤はこの日、直筆のメッセージをTwitterに掲載。「私、仁藤萌乃は2019年3月31日を以てこれまで続けて参りました芸能のお仕事を離れることを決意致しました」とし、さらに「これに伴い、所属事務所 株式会社ホリプロとの契約も同日を以て終了致します」と報告した。

ファンに対しては「このような形でのご報告となってしまったことを深くお詫び申し上げます」と謝罪し、「長い間念頭に置いていたこの決断は 自分自身と向き合い悩み考え抜いて出した答えです」と理解を求めた。

また、「15歳だった私は、当時の夢も環境も全てをなげうってこの世界に飛び込みました。お仕事を通して経験したことや見せて頂いた景色は 皆様からいただいた抱えきれない程の幸せと共に 私の人生を変えてくれました。感謝の気持ちで一杯です。出会って下さった皆様、本当にありがとうございます」と感謝の言葉も。

そして「26歳の今 なげうつのではなく 全てを胸に これからの日々と向き合って参ります」とし、「板の上に立たせて頂くのは次の舞台が最後になります。残り少ない時間ではありますが、最後まで応援の程、宜しくお願い致します」とつづっている。

仁藤は2007年のオーディションに合格し、第5期メンバーとしてAKB48に加入。2013年4月にグループ卒業後は、舞台を中心に活動している。

あなたにおすすめ