1日1個でお肌がキレイに!リンゴに含まれるビタミンCは壊れない?

美beaute

2018/9/13 20:00


リンゴのビタミンCで美肌に!ほかのビタミンCとなにが違うの?



1日1個でお肌がキレイに!リンゴに含まれるビタミンCは壊れない?

リンゴは1日1個食べると医者いらずと言われるほど、優れた栄養素が豊富に含まれた食材です。その栄養素は美容面でも優秀で、特にビタミンCは重要な成分です。

ビタミンCと言えば、コラーゲンの生成など、説明不要の美肌に欠かせない栄養素ですよね。ビタミンCが含まれる食材はほかにもありますが、リンゴに含まれるビタミンCはほかの食材と大きく異なる点があります。

それはビタミンCの壊れにくさ。

普通のビタミンCは加熱処理すると成分が破壊されてしまい、満足に成分を摂取できないことがあります。ところがリンゴのビタミンCは「酸化型ビタミンC」と呼ばれるもので、加熱や時間の経過でもビタミンCが破壊されにくいため、体の中でもしっかりと働いてくれるビタミンCなんだとか!

ほかの食材では、ビタミンCを壊さないように調理しなければなりませんが、リンゴには調理法に困らないので、様々な料理に使うことができるんです。

リンゴは温めるべき?ビタミンC以外にも加熱すると美肌効果が!



1日1個でお肌がキレイに!リンゴに含まれるビタミンCは壊れない?

リンゴは加熱してもビタミンCが壊れない。これはビタミンCのみならず、リンゴに含まれる他の栄養素にとってもプラスだったりします。

たとえばペクチン。リンゴの皮と実の間にある食物繊維で、乳酸菌を増やして腸を整える働きがありますが、このペクチンは加熱することで量も吸収率も上がるのだそう。便秘解消にも効果のある栄養素なので、お悩みの方はぜひ温めてから食べると症状改善に有効です。

また、リンゴの皮に含まれるリンゴポリフェノールも加熱によって吸収率が上がります。シミの原因となるメラニンを抑える効果があるので、美肌、美白を目指す人なら温めて食べたいところ。

実はリンゴには、それほど多くのビタミンCが含まれているわけではありません。ですが壊れにくいビタミンCのため、ほかの食材よりも吸収率が高くなりやすいのです。

温めることでさらに美容効果も上がるので、せっかくなら加熱してリンゴの栄養を吸収しましょう!

あなたにおすすめ