1m14cmの超巨大「流しそうめんスライダー」はどう生まれた?「面白い」と心が動いたらそこに理由がある


●おもちゃメーカーならではの流しそうめん機
連日35℃を超える猛暑日が続くほど、今年の夏は暑かった……。とにかく暑い。暑いだけならまだしも、さらに襲いかかってくる身体の不調。そう夏バテです。「夏バテ 食べ物」などで検索すると、疲労回復のために香辛料が入ったカレーがおすすめなんて出てきて、ちょっと考えただけで汗が吹き出しそうですね。

そして9月になってもまだ残暑が厳しく、いまだに汗をダラダラかく日もあります。こんな暑い季節だからこそ、せめて食べ物くらいは「涼」を取り入れたいと思い、「夏」で「涼」のある「食べ物」といったら、はい、「そうめん」です。

そうめんでもっとも「涼」を感じる食べ方といったら、流しそうめんを思い浮かべる人がほとんどじゃないかと思います。……が、流しそうめんって、ことばのメジャーさの割には、なかなか食べたことがある人って少ないと思うんですよ。僕も1回しか食べたことがありません。

そんな流しそうめんを手軽に食べられる方法が……ここに、あったんです。

葛飾区にそびえるおもちゃメーカー、タカラトミーアーツ。様々なバズり商品を作って、SNSでもよく話題になっています。そんなタカラトミーアーツは「流しそうめん界」でもバズを生んでいました。

それが「ビッグストリーム そうめんスライダー」や「タワーズロック そうめんアドベンチャー」といった、「世界流しそうめん協会」も認める「流しそうめん機」シリーズです。

今回は、本シリーズの企画開発を担当されたタカラトミーアーツの平林千明さんに、「流しそうめん機」シリーズについて、そして企画という仕事について、徹底的に訪ねてみました。

▼試行錯誤の「そうめん」シリーズ

――この「そうめんスライダー」「そうめんアドベンチャー」の流しそうめんシリーズ。2016年6月に「ビッグストリーム そうめんスライダー」が発売されてから、現在までにシリーズが6つも出るほどの大ヒット商品となりました。そもそもの企画の発端は?

これまで「食べ物」をテーマにした商品をたくさん作っていて、その中でも売れる商品と売れない商品というのがやっぱり出てくるんですよ。いろいろ考えていくと、「安くて材料が簡単に手に入るものを使った商品をつくる」ということに行き着いたんです。

――材料が簡単じゃない商品だと、たとえば?

以前「どうぶつラムネ工場」というラムネを作るおもちゃを出したとき、基本的に粉砂糖やレモン果汁でラムネが作れるのですが、他にもコンスターチやクエン酸、重曹などが必要になってしまい、おもちゃとしての使用頻度が低くなってしまったんです。

――たしかに手軽ではないですね。逆に手軽でヒットしたパターンだと。

2017年に「究極のTKG」という、ご飯の上にふわふわのタマゴを乗せるだけのアイテムが大ヒットしました。

――あー!

といった意味で、安くて手軽に買えて、夏によく食卓に上がるそうめんはいいんじゃないかなと思ったんです。

――最初のひらめきはどこにあったんでしょう。

あるとき、日用品売り場を見ていて、小型で回転するそうめんの機械を発見したんです。「そういえば夏になるといつもコーナーが出ているな」って。毎年コーナーができているということは、売れているということじゃないですか。そこにおもちゃメーカーならではの流しそうめん機を作ったら面白いんじゃないかと思ったのが始まりですね。

――さすがメーカーならではの視点ですね。

ただ、グルグルまわるだけの流しそうめんでは面白くないので、中央に噴水を設置して、そのまわりをそうめんがまわるというものにしました。それが2013年に発売した「超ヒエヒエ 北極流しそうめん」ですね。それが売れまして、会社からも次のそうめんをと。

――新しい商品を出すためにリニューアルをしないといけないわけですね。

はい。「超ヒエヒエ」はファウンテンの部分が氷山型の噴水になっていたんですけど、氷が溶けたあとに殺風景になってしまうという問題がありました。それを改良したのが「超ヒエヒエ 北極流しそうめん しろくまファウンテン」です。しろくま型の製氷機から水が流れるという、いわゆるライオンの口から水が流れる置き物のようなイメージですね。

――そして、いよいよ「ビッグストリーム そうめんスライダー」が発売されるわけですけど、2014年に「しろくまファウンテン」が出てから、2016年に「そうめんスライダー」が発売されるまで、実に2年もの期間が空いているんですね。

そうなんです。「しろくまファウンテン」を発展させたものとして、滑り台を付けて、そこにそうめんを流したら面白いんじゃないかと。だったら、プールのようにミニスライダーを付けてそうめんを流したいと思ったんです。でも、社内のプレゼンで落ちてしまったんです。でも、どうしてもあきらめられなかったので、そのアイデアを寝かせつつ、生産メーカーさんと水面下で動いていて、巨大流しそうめん機の試作品を作っていたんですよ。

――それが空白の2年間。力を蓄えていたわけですね。

2年後にプレゼンしたら無事に企画が通って商品化できました。

――「ビッグストリーム そうめんスライダー」は、スライダー全長3.6mという驚きの長さで、しかもスライダーは東京サマーランドが監修しているという力の入りようじゃないですか。実際のスライダーを流しそうめんに落とし込むという発想も、いい意味でぶっ飛んでいるなと。

サマーランドさんとコラボすることで、大人でも使えるという動機付けにしたかったんです。おもちゃメーカーが作ったものなので、子どもしか楽しめないみたいに思われないように、「本物」とコラボしようと。これらは以前、「デコッティ」というおもちゃをつくったとき、パティシエの辻口博啓さんとコラボをした経験が活きていますね。

▼リアルさを取り入れるために様々なギミックを

――そこでサマーランドに最初に持ちかけた時の反応は?

「流しそうめん機とコラボしませんか?」という突然の提案に対して、「よくわからないけど、来てください」みたいな感じでしたね。でも、試作品を持っていったら、「面白いですね!」と広報の方に言っていただけました。

――当時は水面下で動いていたときですよね。試作品ってどういったものを持っていくんですか?

「この形状で動くかどうか」というものを持っていくので、3Dプリンタで出力した一点物の試作品を持っていくんですよ。その3Dプリンタで出力するまでの段階では、「どういった傾斜ならそうめんが流れるか」ということを計算するために、工作用紙に防水加工をして組み立てていきます。

――へえー! 3Dプリンタを使うんですね。スライダー感を研究するため、実際にサマーランドに通うわけですよね。

はい。

――実際にパーク内のスライダーで遊ぶことも。

設計技師の方にスライダーの動きについて聞いていきました。スライダーってストレートに見えて、おしりが少し浮くように曲線が仕掛けられているんですよ。滑っているときに楽しくなるように。ちょっとフワッとするような感じが。実際に滑ってみて「これかー」って(笑)。

――そういう部分も取り入れていくわけですよね。

やはりリアルにしたいですからね。リアルにしたくて曲線を採用したんですけど、そうめんの動きが豊かに見えるという効果もありました。動きに色が出るんです。あとは、実際にパークの中を案内していただいて、それがアイデアになることも多かったですね。バケツに水をためて一気に流すことで勢いのある水流が生まれる「ザブーンバケツ」や「じゃぶじゃぶ水車」「くじらそうめんゲート」など。これらのギミックを取り入れたことで、ますます面白くなりました。

●プレゼンで笑いが起きると「いける」
▼私が作った商品が、家族の思い出の一部になってくれている

――ここからは平林さんの経歴についてもお聞きできればと。

私はもともと文房具の会社に就職して、その後トミー(現:タカラトミー)に入りました。そこからタカラトミーアーツに移って6年ほどですね。

――ずっと企画畑で?

はい。トミー時代から企画開発をやっていまして、最初はコミュニケーションドールの周辺グッズなどを作っていました。私が企画をして初めて商品化されたのが、パティシエの辻口博啓さんと共同開発をした「デコッティ」という手作りスイーツアクセサリーセットですね。その後に2.5リットルの巨大なプリンを作れる「ギガプリン」を作りました。

――憧れのバケツプリンですね。

そうなんです。私は料理や食べることが好きなので、「食」がテーマのおもちゃが多いかもしれないですね。

▼食べる時間や楽しさも提供していきたい

――初期のトミー時代から、自分の中での企画の方向性や考え方で変化した点はありますか?

最初は無我夢中で、とにかく「自分の商品を出したい」「商品を世の中に認めてもらいたい」という気持ちが強かったです。でも、それがだんだんと「喜んでもらいたい」という風に企画のモチベーションが変わってきましたね。いまの考えは「ひとつでも多くの笑顔を作りたい」です。

――なにかきっかけがあって、その考え方に変化があったと思うのですが。

やっぱりユーザーの声ですね。SNSなどで調べると、子どもが絵日記に商品のことを書いてくれていたときもあってうれしかったです。あと、「ギガプリン」はパッケージ用にプリンのキャラクターを考えたんですけど、そのキャラクターのキャラ弁を作っているお母さんがいたんですよ。つまり私が作った商品が、家族の思い出の一部になってくれているということじゃないですか。そこから自分の中の目標が変わって、新しいやりがいが生まれていきました。

――それはうれしい……。平林さんが商品のヒットを確信する瞬間ってどういうときですか?

発売するまではわからないことが多いのですが、たとえば「ビッグストリーム そうめんスライダー」は、「おもちゃショー」に出したらメディアの方がたくさん来ていただいて、そこで売れるかもしれないと思いましたね。当時、どれくらいの反応があるのかわからず、生産数も慎重だったのですが結果、初回生産分はすぐに売り切れてしまって……。うれしい反響だったのですが、チャンスロスをしてしまいました。

――メディア、ユーザーからは好評だったわけですけど、社内での評判はいかがったんですか?

弊社では、最初に部内プレゼンがあって、最終的に経営陣へのプレゼンを通したら商品化という流れになっています。部内でのプレゼンのときはふつうの反応でした。でも経営陣へのプレゼンで商品を見せたら、クスッと。

――笑いが。

私の場合なんですけど、このプレゼンで笑いが起きると「いける」ということが多いですね。経営陣のプレゼンでは、ユーザーさんと同じく初見の状態で見る方が多いので、そこが面白くないと伝わらないんです。

――それだけインパクトが重要ということでもありますよね。実際のユーザーからの声は?

満足度は高かったですね。おじいちゃんやおばあちゃんからの「そうめんスライダーがあると孫が遊びに来てくれる」といった声は非常に多かったです。あと、夫婦で暮らしている家庭で「妻が落ち込んでいたけど、このおもちゃを見せたら笑ってくれた」とか、「食の細い子どもがたくさん食べてくれた」「毎日そうめんでも文句を言わなくなった」とか。

――おおー、家庭からの声がたくさん。

ホームパーティでたくさん料理を作ってテーブルを賑やかにしないといけないのが軽減されたという声もありましたね。そうめんを茹でればパーティができる。インスタ映えもしますし。

――なるほど。食べ物って単体だけではなく、食器や盛り付け、BGMなどの環境が整ってこそというところもあります。「そうめんスライダー」はそういった意味での食の相乗効果もあるわけですよね。それらは狙っていたものですか?

最初に「超ヒエヒエ 北極流しそうめん」を出したときに、「食のコミュニケーション」を考えていました。”テーブルテーマパークというシリーズ”と言っていましたね。モノ消費ではなく、コト消費だと思ったんです。私たちは商品だけではなく、食べる時間や楽しさも提供していきたいと思っています。

●タカラトミーアーツ・流しそうめんシリーズ
2013年5月発売「超ヒエヒエ 北極流しそうめん」
2014年5月発売「超ヒエヒエ 北極流しそうめん しろくまファウンテン」
2016年6月発売「ビッグストリーム そうめんスライダー」
2017年3月発売「ビッグストリーム そうめんスライダー エクストラ」
2017年4月発売「ビッグストリーム そうめんスライダー エクストラジャンボ」
2017年6月発売「ビッグストリーム そうめんスライダー ハローキティ」
2018年3月発売「ビッグストリーム そうめんスライダー ナイトプール」
2018年4月発売「タワーズロック そうめんアドベンチャー」

●ナイトプールに行ってみたくて作ったもの

▼ナイトプールにタワーズロックとインパクトある商品が続々と

――「そうめんスライダー」以降、次々とリニューアルして世に送り出しています。リニューアル商品を作るときに意識されていることは?

「そうめんスライダー」に限っては、ふつうのリニューアルでは飽きられるだろうと思い、大きくしていますね。特に「ビッグストリーム そうめんスライダー エクストラジャンボ」は幅120cm、高さ73cm、走麺距離は5mとビッグサイズで話題になりました。

――「ビッグストリーム そうめんスライダー ナイトプール」はいかがですか?

これは、当時ナイトプールが注目されていて、私も行ってみたくて、その行きたいという想いを商品開発にぶつけました(笑)。

――そういう経緯だったんですね。なかなかおもちゃでナイトプールというのはイメージになかったので驚きました。

話題にしたいという気持ちもありましたし、その時代で流行っているものには乗っかっていこうという姿勢を大切にしています。ターゲット層も20~30代の女性にして、話題化を狙おうと思っていました。過去の実績もあったので企画はスッと通りました。

――インスタ映えもしますよね。

そうなんです。インスタ映えする色はピンクだと聞いたことがあったので、ピンク色にしてみました。あとは女子が好きなシェルやフラミンゴをあしらっています。

――実際にナイトプールには。

まだ行けていないんです。なので妄想上の、憧れのナイトプールです(笑)。

――そして、最新の「タワーズロック そうめんアドベンチャー」。これはもう、とにかく、でかい!

「タワーズロック そうめんアドベンチャー」もやりたいことを詰め込みました。こちらもサマーランドさんとコラボしていて、実際にあるタワーズロックというスライダーが恐竜の発掘現場をデザインしているので、それをイメージしています。ファミリーで使うシーンが多いので、子どもが好きな恐竜も詰め込んでいます。

あと、スライダーの回転数も多くしているので、箸を伸ばせる部分、つまりそうめんをつかめるカ所が多いんです。より大人数でのパーティに対応できるようにしました。

――大迫力の「タワーズロック そうめんアドベンチャーですけど、技術的な面ではどのように変化していますか?

スライダーを固定するための支柱の部分があるんですけど、これまでは支柱を一つひとつ差し込んでいて時間がかかっていました。今回は、この支柱部分が傘の柄みたいに全部くっついていて、組み立てが楽になっています。

▼「TKG」ということばありきで商品を作る

――平林さんは、料理や食べることが好きだったり、ナイトプールに行きたいだったり、自らが楽しめるもの、興味があるものというのが企画の発想の根幹にありますね。自分が楽しめないとほかの人も楽しめないだろうと。

それはありますね。自分を興味を持ったものを深く考えています。「ホームパーティにこんなアイテムがあったらいいだろうな」とか。あとはことばの面白さですね。「究極のTKG」は、たまごかけごはんが「TKG」と呼ばれているのがもう面白かったんです。どこか引っかかるじゃないですか。なので、「TKG」ということばありきで商品を作ることを決めていました。

――「究極のTKG」についてもまた次のインタビューで深くお聞きしたいと思っています。普段企画を考え慣れていない人だったら、その「自分の興味があるもの」を実際に企画に落とし込むまでの難しさ、壁があると思うんですよ。昔からよく企画を考えられていたということですか?

そうですね。私はデザイン学校に通っていて、工業製品などをデザインする学科だったんです。でも、それよりも新しい使い方とかを考えるほうが好きだったので、企画に向いていたんだと思います。

――考えるのが好きというのはちいさいころから?

はい。発明家の伝記をよく読んでいて、発明家にあこがれていました。特許で生活するという夢もありました(笑)。

――ほんとにできそうな気がします。平林さんが企画された「天空パーティー 寿し大観覧車」なんてすごいアイデアですよね。

回転寿司を縦にまわすという(笑)。あれも既成概念を変えたかったからですね。

――そんな平林さんから、これから企画職を目指している方に向けてのメッセージなどをいただければ。

企画をするなかで、自分しか考えられない視点というのがあると思っています。その考えを軸に、深く考えて「自分はどうしてこれを面白いと思うんだろう」という部分を追求してほしいと思います。「このアイデアはダメだ」と言われても、その意見を聞くのももちろん大事なんですが、アイデアの見せ方を変えるだけで、その考え方が評価されるかもしれない。軸は曲げずに臨機応変に。

――まさに一度「ビッグストリーム そうめんスライダー」のプレゼンに落ちたけど2年間水面下で動いて企画を通したやり方ですね。

そうなんです。あと、昔、玩具業界に入る前の話ですが、面白いと思ったものを形にしてプレゼンしたら、全然笑いも取れずに冷たくされたこともありました。「こんなにいいアイデアなのに!」って。でも、いまはそれがおもちゃメーカーならではの視点で活かされています。これも見せ方を変えるということですよね。自分が欲しいものがあったら、「なんでこれがほしいのか」を考えるといいと思います。「面白い」と心が動いたら、そこに理由があるはずなんです。

――ありがとうございます。ちなみに、いま平林さんのアンテナに引っかかっている話題のものは。

いま興味があるのはソフトクリームですね。つくる工程が面白いので、いいなあって(笑)。

――やっぱり食べ物なんですね! 今後ソフトクリームのおもちゃが出るかもしれない!

かもしれません(笑)。

あなたにおすすめ