TBS『なかい君の学スイッチ』終了も、中居正広の“冠番組”を打ち切れない裏事情

日刊サイゾー

2018/9/13 20:00


 TBSの10月改編で、元SMAP中居正広の冠番組『なかい君の学スイッチ』が終了することがわかった。ところが、後番組も中居の冠番組『中居くん決めて!』(仮)だというから、開いた口がふさがらない。同局が、中居の番組を打ち切ることができない背景には、何があるのか?

『なかい君の学スイッチ』は昨年10月にスタートしており、わずか1年で終了の憂き目に遭った。当然、好評であれば、打ち切る理由などないが、それでも同局には、中居にこだわらなければならないワケがあるのだろう。

新番組『中居くん決めて!』のテーマは、誰もが経験する「選択のとき」。一般人がなかなか決められない選択を相談し、中居が実際に決断していく内容だといい、この番組でゴールデン・プライム帯進出を目指すとしている。

「たった1年で冠番組が打ち切りでは、中居のご機嫌を損ないかねません。TBSでは、中居が司会を務める『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』が好調です。ヘタに中居のご機嫌を損ねて、『だったら、「キンスマ」を降りる』なんてことを言い出されたら大変です。従って、中居の番組を終了させても、新たな中居の番組を制作するしか選択肢はなかったようです」(テレビ局関係者)

むろん、それだけが中居の番組を打ち切れない事情ではないようだ。

「TBSでは、9月いっぱいで関ジャニ∞の冠番組『ペコジャニ∞!』を終了させます。この番組も低視聴率により、わずか1年での打ち切りとなります。その上、中居の番組を終わらせると、ジャニタレの番組を2本も切ることになります。そうなれば、ジャニーズ事務所の怒りを買いかねません。さらに、TBSは元SMAPで『新しい地図』メンバーの地上波では唯一のレギュラー番組(ナレーションは除く)である『ゴロウ・デラックス』を10月以降も継続することを決めましたから、いわゆるジャニーズへの“忖度”で、中居の番組は切れないでしょう」(同)

関ジャニにとっては、赤っ恥をかく格好となるが、ジャニーズとの良好な関係を保つためには、さすがに中居の冠番組は切ることはできないのだろう。
(文=田中七男)

あなたにおすすめ