ヒロミ“リフォーム弟子”タッキーの引退に驚きと寂しさも「滝沢らしいかな」「もう1回一緒に作れたら」

 タレントのヒロミ(53)が13日、自身のブログを更新。日本テレビ「有吉ゼミ」のリフォーム企画「ヒロミ、家をイジる。」などで共演した滝沢秀明(36)が年内で芸能界を引退し、プロデュース業など“裏方”に専念することを発表したことに「話を聞いた時は驚いたけど、滝沢らしいかなとも思いました」などと心境を明かした。

 滝沢は「ヒロミ、家をイジる。」に助手として不定期出演。今年の同局「24時間テレビ41」の「ヒロミの24時間リフォーム~亡き妻の夢!子ども食堂を大改造」企画にも“師匠”と一緒に挑んだ。

 ヒロミは「驚いたなー」のタイトルで「彼が16歳の時にJrのリーダーとして番組を一緒にやらせてもらいました。責任感が強く真面目で一生懸命Jrの子たちをまとめようと16歳の彼が頑張っていました」と回想。

 「ここ何年かはオレの大工仕事を一生懸命手伝ってくれるいい相棒でした。オレのことを棟梁棟梁って言って慕ってくれていた滝沢が手伝ってくれなくなると寂しいけど、彼なりに考え抜いた結論だと思うので、素直に応援しようと思います。最後にもう1回、何かを一緒に作れたらいいけどな」と願った。

あなたにおすすめ