「グッド・ドクター」最終回 山崎賢人「またいつか、このチームで一緒にできれば」

 俳優の山崎賢人(24)が主演を務めるフジテレビ“木10”「グッド・ドクター」(木曜後10・00)は13日、15分拡大で最終回(第10話)を迎える。

 第7話(8月23日)の平均視聴率は13・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。伝統枠「木曜劇場」のうち、13%超えは2014年7月クール「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」最終回の16・5%以来、約4年ぶりの快挙となるなど、好調に推移している。

 山崎が初の医師役に挑んだヒューマンドラマ。小児外科医の世界を舞台に、自閉症スペクトラム障がい(対人関係や言語の発達に偏りがある者)によりコミュニケーション能力に問題を抱える一方、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群(特定の分野で優れた能力を発揮する者で、知的障がいや発達障がいを有することが多い)の青年・新堂湊(山崎)の成長を描く。難役に挑み、新境地を開拓した山崎の演技力とストーリー展開が毎回「涙腺が崩壊しました」などと反響を呼び、この夏、日本中の感動と涙をさらった。

 山崎の東郷記念病院の廊下のシーンに臨み、クランクアップ。最後のカットを撮り終え「山崎賢人さん、オールアップです」と声が上がると、スタッフから盛大な拍手が送られ、演出の金井紘氏から花束を贈られた。

 山崎は「とても大好きなチームで、この作品をやることができて、すごく楽しかったです。そして見ている方に、これほどメッセージを伝えられる作品に出させていただいて、俳優という仕事をやっていて本当に良かったなと思います。皆さんに甘えてしまう部分もたくさんあったのですが…新堂湊という役をやれて本当に良かったです。今はさみしいですけど…またいつか、このチームで一緒にできればなと思います。本当に、本当にありがとうございました」と3カ月の日々をかみしめるようにあいさつ。感無量の表情を浮かべ、スタッフとグータッチを交わした。

 最終回は、がんにより倒れた司賀明(柄本明)に付き添っている湊(山崎)は恩人・司賀の病状を初めて知り、ショックを隠せない。その時、森下伊代(松風理咲)の急変を知らせる連絡が入る。「今、心配すべきなのは自分ではなく子どもたちだ」と司賀に促され、湊は伊代の病室に向かう…という展開。小児外科医がつなぐものとは?そして本当の“グッド・ドクター”とは?

あなたにおすすめ