DA PUMP、7人中3人が脱退を考えていた 再ブレイクまでの壮絶な道のりに反響「続けてくれてありがとう」

モデルプレス

2018/9/13 17:33

【DA PUMP/モデルプレス=9月13日】“ダサかっこいい”と話題沸騰中の20周年記念シングル「U.S.A.」がヒット中のDA PUMPが、12日放送の日本テレビ系バラエティ番組「1周回って知らない話」(毎週水曜よる7時~)にゲスト出演。再ブレイクまでの道のりを明かした。

◆DA PUMP、再ブレイクまでの道のりを明かす



かつて「NHK 紅白歌合戦」に5年連続出場し、ベストアルバムがミリオンヒットを記録したこともあるDA PUMP。しかし、相次ぐメンバーの脱退や、新体制を作るも、1年近く活動が制限されるなど、何度もグループ崩壊の危機に立たされたという。当時、メンバーに連絡も取らず「隠れていた」と語ったISSA。KENZOも「何しにこのグループに来たんだろう」など、それぞれのメンバーが不満を抱え、メンバー7人中3人が脱退を考えていた。

しかし、メンバーは危機の中でも自分のスキルも磨き続け、グループを作り上げたISSAへの尊敬の念も抱き続けていた。そして、メンバー全員で今後の活動についてのミーティングを行った際、怒りや不満、本音をぶつけ合い、再スタートを切る決意を固めたのだった。その後、デビュー22年目にして、3年半ぶりの新曲「U.S.A.」が大ヒットし、見事再ブレイクを果たした。ISSAは「DA PUMPという名前は昔からあるけど、もう1回新人の気持ち、やり直すつもりで始めた」と語った。

◆DA PUMPの激動の22年間に反響



ファンからは「感動した」「本当に良い話」「やめずに続けてくれてありがとう」「どれほど苦労してきたのか理解しました。だからこそずっと応援したい!」「今後も最高のパフォーマンスを届けてください!」など様々な反響が寄せられた。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

あなたにおすすめ