「俺たち“ネオチャラ”目指してるんで!!」チャラ男漫才でブレーク間近のEXITが、世の既成概念をかき回す!?

日刊サイゾー

2018/9/13 17:00



ありそうでなかったチャラ男漫才でブレーク間近といわれるEXIT(いぐじぃっと)が「結成11カ月でルミネ単独、しかも即完」という吉本史上最速の記録を打ち立てている。『ゴッドタン』(テレビ東京系)では「いま注目の若手No.1」と紹介され、「実は真面目」疑惑も話題を呼んでいる。東京の遊びをコンプリートした(設定の)EXITが、一方で「コンプライアンスゴリ守り芸人」を自称する裏には、どんなドラマが潜んでいたのか? そもそも「チャラさ」とは、「笑い」とは――。われわれの既成概念をひらりとすり抜ける2人の、「EXIT」を探る。

***

――『ゴッドタン』放送前と後って、やっぱり反応とか環境とか、変わるものですか?

兼近 オンエア見て、すげぇいい編集されてたんで、女性人気ハンパねぇんじゃねぇかって。あ、これくるなぁ、モテモテだぁと思ったんですけど、街歩いてても、声かけてくるのは9割男っす。

りんたろー。 芸人の出待ちって、普通女の人しかいないはずなのに、俺らは半分ぐらい男(笑)。

――「好きです」みたいな?

りんたろー。 半分は「やっぱり真面目なんでしょ?」イジリですね。僕はもともとパリピなんで、クラブも結構行くんですよ。そうすると、「キャラ守ってて、真面目っすね」「さすがっすね」みたいな(笑)。いやいやいや、キャラ作りでクラブ来てねえし。

――ネタがやりにくくなるってことはなかったですか?

りんたろー。 そこは心配してたんですけど、実際は好感度爆上がりして、逆にウケるっていう謎の現象(笑)。

兼近 もしかしたら最初からお客さんは、マイクの前でチャラ男のフリしてる2人だと思ってたっていう可能性はありますね。

――お客さんには、とっくにバレてたと。

りんたろー。 コイツ、普通に酔っぱらった女の子を担いであげたりするんですよ。

――それは……お持ち帰り目的などではなく?

りんたろー。 歌舞伎町で泥酔した女の子が男の人に絡まれてて。連れて行かれそうになってたところを、コイツが「すみません」って言って助けて。その子担いで、彼女が行きたいバーまで連れてってあげたりとか。

――まだ飲むんかい!(笑)

りんたろー。 そうなんですよ! 「そんなに酔っぱらってつぶれてるのに、まだ飲みに行くなんていう子、放っときなよ」って言ったんですけど。でもコイツ、そういうことができないんですよ。しかも、連れて行って戻ってきたら道端にその子のヒールが折れて落ちてて、そのヒールまで届けてた。

兼近 でも、りんたろー。さんも、「しょうがねえなぁ」って言いながら待っててくれるんですよ。

――優しい……。

りんたろー。 いや、弟みたいな感じなんですよ。いろんなことがあって、スレたり人を信じられなくなってたところにコイツが現れて。「ジャンプ」の主人公っているじゃないですか? 『ドラゴンボール』の孫悟空しかり、『ワンピース』のルフィしかり。コイツ、本当にそんな感じなんですよ。

兼近 それ言われると、ハードル上がっちゃうから!(照)

――筋斗雲乗れちゃう感じなんですね。

りんたろー。 たぶん乗れますね(笑)。

■女の子といい感じになっても、0時には家に帰りたい


――しかし、ここまで芸歴が違うコンビっていうのも珍しいですよね。

兼近 りんたろー。さんが10年、俺が5年ですからね。

りんたろー。 でも、それがすげぇいいことだと思ってて。1年目のテンションとかモチベーションで、お笑いに取り組めるんですよね。兼近の吸収率とか成長の速さとか、すげえなって。

兼近 逆に僕は勉強させてもらってます。流れとか、こういうふうにやるんだぁって。

――なるほど。

兼近 俺、ライブでもテレビでも、トークで自分のターンが終わったら、休止モードに入っちゃうんです。でも、横でりんたろー。さん。が「来るぞ、ここでしゃべったら、たぶんお前に来る」って、ちっちゃい声で言ってくる。だから「え? くんの?」と思いながら。

りんたろー。 絶対来る流れなのに、コイツ寝てんの(笑)。

――来ないと思ってるのもすごい(笑)。あと、なんていうか、ギスギス感ゼロですよね。

兼近 やっぱり短いんで。コンビ歴が。

りんたろー。 コンビ間が良好じゃないと、面白くならないんじゃないかって思うんですよ。ひとりが抜群にセンスあるとかだったら別かもしれないけど。

――最近だと、サンドウィッチマンさんとか普通に仲良いですよね。ただお2人の場合、そういう仲いい感じとはちょっと違うというか。

兼近 プライベートでは遊ばないですね(笑)。

りんたろー。 兼近は酒飲めないし。

――あんなにネタで「テキーラ」「テキーラ」言ってるのに!!

兼近 「テキーラ飲みほ」とかほざいて、飲んだことない(笑)。ちょっと味見はしたことあるんですけど、無理っす。味がまじぃんで。まじぃの飲みたくないんですよ。だからタバコも吸わないですし。

――また「ジャンプ」出てきましたね。

りんたろー。 悟空とかルフィって、恋愛しないじゃないですか。だからコイツも恋愛しないんじゃないかとは思ってます。

兼近 違う、違う。できてないだけだから! うまいこといかないだけ!

――そんなところまで、ちゃんと設定を守っていらっしゃる……。

兼近 勝手に守らせてるんですよ! 俺だって頑張ってはいるんすよ!

りんたろー。 男前だし、イケると思うんだけど。

兼近 でもなんか……緊張しちゃうんですよね。

りんたろー。 だせぇ(笑)。

兼近 大勢いるとノリノリで「うぇあ」ってなるんですけど、2人きりになるとなんか「え? なになに」「どうすんの?」みたいな。

――りんたろー。さんにアドバイスしてもらったりしないんですか?

兼近 りんたろー。さんも先輩方もアドバイスくれるんで、一応流れはわかってるんです。でも俺……0時ぐらいには家帰りたいんですよ。

一同 (笑)。

兼近 お酒飲めないんで、18時くらいに待ち合わせてカフェで軽くお茶して、そのまま19~20時ぐらいにはホテルに行きたい。皆さん、「休憩」ってあるの知ってます?

りんたろー。 知ってるわ!(笑)

兼近 そうか(笑)。休憩入って、ちゃちゃっと。

――なるほど……。

兼近 大人って、すぐお酒の力使うじゃないですか。違う、違う! ありのままでぶつかり合わないと!!

りんたろー。 お前、ぶつかって砕けてんじゃん(笑)。

M-1きっかけでコンビ結成も、「タイ住みます芸人」に!?


――M-1への挑戦がコンビ結成のきっかけと伺いましたが。

りんたろー。 兼近が「チャラ男2人でちょっとM-1かき回しましょうや」って言ってきて。

――誘い文句(笑)。

りんたろー。 「チャラ男かぁ……」と思いつつ、ネタ合わせした時点で「あれ?」と思って。「これはいくな」と。それで「じゃ、いつからやろうか?」って聞いたら、「いや、組むとかはちょっと違います」と。

――え??

りんたろー。 コイツ「タイに行って、タイ住みます芸人になります」って言いだしたんですよ。「タイのスターになりたい」って。

――ええ??

りんたろー。 ですよね。それで、それだけはなんとしても止めないとと思って。遺書ぐらいの長さのLINE送りました。

兼近 マジで長かったです。しかも1回じゃないですからね。毎晩、夜な夜な来るんすよ。

――なぜ……タイ??

兼近 日本じゃちょっと羽ばたけねぇなと思ってて。日本の空じゃ、ちょっと……。

りんたろー。 日本で羽ばたけないなら、タイでも無理だろ!!

兼近 最初、タイがどこにあるのか知らんかったですからね。吉本の社員さんが「タイ住みます芸人どうなの?」って言うから、「ありだな」ってなっちゃって。

――感覚すごい。

兼近 タイに行く前に試したかったんすよ、チャラ男2人で真面目に漫才とか面白いじゃないですか。

――思い出づくりみたいな……。

兼近 そしたらみんなが「すげぇ。これあるぞ」って言ってくれたんで。「あ、イケた。俺のアイデアは通用する。はい、オッケーです」って。

りんたろー。 オッケーやない。

――こういう感じの後輩って、あんまりいないんじゃないですか……?

りんたろー。 そうですね、たぶんいない……。誘われた時も、ちょっと躊躇したんですよ。チャラい奴って、仕事ちゃんとしないじゃないですか。ビジネスパートナーにするのは嫌だなって。でも、ソッコーで気づいたんです。「コイツ真面目じゃね?」って。

――でも、上下関係が厳しい世界で、後輩から誘ったり、組むのかと思いきや「タイ行きます」とか、兼近さんがすごい自由に振る舞えるのは、怒ったり、失礼だとか言ったりせずに乗っかってくれる先輩の懐の深さですよね。やっぱり、りんたろー。さん、ご苦労されてきたから……。

りんたろー。 (苦笑)ベース、そんな怒ったりしないよね。

兼近 しかも、やっぱりめっちゃ真面目なんですよ。メールはすぐに返してくれるし、めちゃくちゃレスポンス速い。ネタの文字起こしとかも、僕がやるとぐちゃぐちゃになっちゃうんですけど、全部やってくれる。

――確かに「チャラい」の反対が「真面目」と思い込みすぎているというか、その2つは相反するものではないのかもしれない。

兼近 そうそう。“ネオチャラ”なんですよ、僕たち。チャラ男だけど、テキトーじゃない。

――ネオチャラ! りんたろー。さん……やっぱりちゃんと神様は見てるというか、ご苦労もされてきましたけど、こんなに素晴らしい相方と出会って……。

りんたろー。 (苦笑)本当、周りの人にすごい支えられて。

――前のコンビ(ベイビーギャング)を解散した時、芸人を辞めようとは思わなかったですか?

りんたろー。 辞めるには十分な理由じゃないですか。でも、自分の中で「ちゃんとお笑いやってないな」って思う部分もあって。もう無理だってなるまでやろうと、ピンでやってたんですけど……。まぁウケるはウケるんですけど、これでステージを上げていくっていうのはまぁないだろうな、と。そんな時に兼近が現れたって感じですよね。

■最高に楽しい日々を送りたいだけ


――「イケる」と思ったチャラ男漫才が徐々に浸透して、次の展開とか考えてますか?

りんたろー。 いや、これが意外と考えてなくて(笑)。ただ、テレビの猛者たちを目の前にした時に、やっぱりキャラとかウソで通用するものじゃないなとは思ってます。だから、やっぱり本当の部分っていうか、素の部分で勝負をしていくことになると思うんですけど。それがどんどんめくられていって……それから先は流れでどうにかなっていくのかなって。

――自然の流れに。

りんたろー。 一度ブレークしても、なかなかずっと続くものじゃないじゃないですか。それがダメになっても、やっぱりお笑いと真面目に向き合っとけば……まぁ劇場ではウケるんだろうし、彼とならそういう時も、沈んだ時もなんか楽しくやっていけそうっていうか。人生楽しむことしか考えてないので。

兼近 嫌なことから全部逃げてたら、芸人になってたんすよ。

りんたろー。 スーパーポジティブなんですよ。イラッとしたり、嫌なことがあってガンって落ちる時あるじゃないですか。そういう時も、ラッキー! みたいな感じなんです。僕はめちゃくちゃ落ち込むタイプだから、余計にすげーなって思う。ただ……。

――どうしました?

りんたろー。 金に執着なさすぎて、同期とかにバンバン金貸しちゃうんですよ。コイツ、売れたらどうなっちゃうんだろうって、それが心配ですね。

兼近 いま全財産2万円ぐらいなんですけど、18万円くらい貸してます。あるだけ貸しちゃう。「返ってこなかったら、それでいい」って思っちゃうんですよ。「楽しめたじゃん、ラッキーだね」みたいな。

――「ジャンプ」……。

兼近 「ジャンプ」イジリやめて!

りんたろー。 コイツ、幼少のころからすごい貧乏で、ティッシュにマヨネーズつけて食べたりしてたって聞いて、俺もうかわいそうで……。ファンの方もそうなんですよ。だから出待ちでレトルト食品とか服を差し入れてくれて。それだけで生活してるんです、兼近は。だから、俺も一緒にいる時はご飯とかおごったりするのに、コイツ結構パチンコで負けてたりするから。それちゃうやん! って(笑)。

――出待ちの差し入れで、レトルト食品っていうのもすごい。

りんたろー。 貢ぎとかじゃないんですよ、救済措置。みんな親心で差し入れしてくれる。

兼近 めちゃくちゃ助かっております。

――生活は大丈夫ですか? 家賃とか、光熱費とか。

兼近 はい、それは毎回ちゃんと取っておいているので。月3万5,000円だけあれば、基本オッケーっすね。

――コンビ組んで11カ月で単独ライブ……吉本史上最短記録だとか。

兼近 ありがたいですよね。

りんたろー。 兼近がまたアホなんで。そういうのわからず聞いてみたら、オッケー出ちゃうっていう。

兼近 社員さんに「最速おもろくないですか~? 吉本史上最速のチャラ男コンビ」って言ったら決まって。マジラッキーっすよ。

りんたろー。 それが即完しちゃうっていうね。だってルミネで単独とか、即完とか、それってけっこうみんな吉本入った時に夢見るじゃないですか。でもやっていくうちに、あれは選ばれた人だけが達成できるものなんだろうな、ってわかってくるわけですけど。それを今自分たちがやってることに驚きと感激があります。

兼近 へぇ……。

りんたろー。。 知らずに頼んでたのかよ、お前! ルミネの重み、知らないのかよ!

兼近 あんまり……7階にあります。

――(笑)。どんなライブにしようかとか、もう決めてます?

兼近 まぁでもネタだけじゃないぞ、と。楽しむ方法は。そういうことです。

りんたろー。 やっぱり、俺らの色を出さないとね。

兼近 こう、ネタネタしてる人って、おもんない人多いじゃないですか。

りんたろー。 やめろって!

兼近 お笑いのこと熱く語ってくる、みたいな。別にそんな時代じゃないし。ユーチューバーのほうがおもろいし。そんなこだわられても……みたいな。だから、お笑い以外でも楽しむ方法ってたくさんあるよ、っていうのを見せたいですね。

りんたろー。 これがもうすべてフリのパターンありますから。フタ開けたら……。

兼近 ゴリッゴリの120分漫才(笑)。

――どれがきても正解っていうのが、すごいですよね。すごい装置を手に入れたというか。

りんたろー。 何ひとつ狙ってないですけどね、全部運。最初は「好きな服を着て、やりたいことやる」っていうところから始まってるんで。

兼近 僕は最初、こういう服が恥ずかしくて、家出る時はTシャツ短パンで、だせぇ靴履いてリュック背負って、そのリュックにカッコいい衣装詰めて行ってましたから。今はもう、慣れました(笑)。

――これから何かやってみたいこととか、野望とかありますか?

りんたろー。 普通、「冠番組欲しい」とか「賞レース獲りたい」とかって言うと思うんですけど……別に。努力はしますし、頂いた仕事で100%、120%出すつもりではいつもいるんですけど。

兼近 だって冠番組持ったからって、それが楽しいかはわかんない。嫌なことさせられるくらいなら、俺はやりたくないですから。ただ、最高に楽しい日々を送りたいだけなんです。それで、見てる人も楽しくなってくれたらラッキーっすよ。とりあえず社員さんに、ルミネ泡オッケーか確認しないと!

(取材・文=西澤千央)

●Twitter

兼近@kanechi_monster 

りんたろうー。@rinnxofficial 

あなたにおすすめ