男性の「また話したい」を引き出す!モテる女の聞き上手10か条

ハウコレ

2018/9/13 17:00



出会いの場で自分の存在を印象付けようと一生懸命話す女性や、話すのは好きだけど相手の話を聞くのが苦手な女性は少なくありません。

相手が「またあのこと話したいな」と思うには、熱心に話しかけるよりも、相手の話を引き出す方が大事ですが、聞き上手の方がモテるのはわかっていても、いざ会話になると、なかなか実践するのは難しいですよね。「またあの子と話したいな」と思ってもらえるような話の聞き方には、コツがあるんです。

■1.うなずき、相槌を打つ
多くの人が、相手の話を聞くよりも、自分の話を聞いてほしいと思っています。

だからこそ、相手の話をしっかり聞いていますという態度を視覚的に見せると、相手はどんどん話しやすくなり、その場は盛り上がります。「そうだな」「なるほどな」とあなたが思ったタイミングで大きく1回頷いたり、小さく2回頷いたりと、強弱をつけましょう。

相槌は合いの手を入れるように「なるほど」「確かに」「そうなんだ」「どうしたの?」と相手を受け入れるような言葉を入れると、相手はさらに話しやすくなります。

■2.質問する
話が全て終わった後に質問をするよりも、相手の話がひと段落した時に質問をしてみましょう。特に質問がない場合には、5W1H(What:何を Why:なぜ  Who:誰 Where:どこ When:いつ How:どのように)を使って質問をすると、話の内容を深く掘り下げることができます。

特に相手が感情的を込めて話している時には、質問をすると気持ちよく説明してくれるでしょう。

■3.共感する
相槌をする時にも使えますが、「そうだね」や「うんうん」と頷くと相手の話に共感していることが伝わります。もしあなたが相手と全く同じ意見ではなかったとしても、話を聞いている姿勢を示し、「〇〇君はそう思ったんだよね」と受け止めることで、相手は安心して話を続けられます。ポイントは話の腰を折らずに、話させてあげることです。

■4.同じ言葉や動作を真似したり、繰り返す
どんな風に話せばいいのか迷ったら、会話の中でさりげなく相手の言葉を繰り返したり、動きを真似てみましょう。相手に親近感や好感を抱かせる心理テクニックの「ミラーリング効果」を活用するのです。

これは、人間が自分と似た人や似たものに対して好感を抱きやすいという心理学を活用したもの。相手が嫌がるほど真似や繰り返すのはNGですが、あくまで相手に気づかれない程度に「さりげなく」がポイントです。

■5.声のトーンや話すテンポを合わせる
マシンガントークで話したり、食い気味で相槌を打ったりする人がいますが、これはNG。話を急かしているような印象を受けるからです。相手と同じテンポで話すように心がけ、少しゆっくり間を持って話すと、相手は落ち着いて来ます。

相手がどんな気持ちかによってトーンも変わってきます。嬉しい時や気持ちが高ぶっている時には高い声になり、リラックスしている時や、落ち込んでいる時には低い声になります。相手の声の調子に合わせて、話すトーンやテンポを変えてみましょう。

■6.表情豊かに聞く
話を聞いてくれている相手が表情豊かでリアクションが大きいと、「俺の話を楽しんでくれている。もっと楽しませたい」という思いから、どんどん話したくなります。少しだけ大きく表情を動かすようにしてみましょう。意識的に動かすようにすることで、表情の筋肉も鍛えられて、さらにリアクションも大きくなりますよ。

■7.体を向けて聞く
何か他の作業をしながら話を聞く人もいますが、それでは話をきちんと聞いてくれているのか、相手は不安に感じます。他の方向を向いていると、機嫌が悪いように見えたり、好意を持っていないように感じたりするからです。話を聞く時には、顔だけではなく、体や足の先まで相手に向けるようにしましょう。

■8.無駄な動きをしない
話を聞く時には、「話を聞くこと」に集中します。爪や髪、洋服を触ったり、ケータイを覗き込んだり、話を聞くこと以外の動きをすると、話し相手は「話を聞きたくないのか、聞いていないのか」と話すのをやめてしまう可能性もあります。他にも貧乏ゆすりや、顔や体を無意味に動かしたりも「つまらなくて手持ち無沙汰」に見えるため、要注意です。

■9.メモを取る
相手から良いアドバイスを受けたときや、大切なこと、覚えておきたい話をされた時には紙やケータイのメモ機能を活用して、メモを取るようにしましょう。突然メモを取り始めるのではなく、相手に「メモしてもいいですか?」や「絶対に覚えておきたいので、メモしますね」と一言伝えてからメモするようにしましょう。メモを取りながら話を聞いてくれると、自分の話と話している時間を大切にされているように感じて、好感が持てます。

■10.話の内容を覚える
せっかく楽しく話をしたのに、何を話したのか、すっかり忘れてしまう人もいます。それでは話した甲斐がないですよね。

前回に話した内容や出身地や出身校、趣味やペットの話など、話した本人が忘れてしまうような些細な内容であればあるほど、相手は感動してくれます。

好きな食べ物の話もいいですが、「覚えていてくれたんだ!」と相手の印象に残るのは嫌いな食べ物の話です。忘れそうなら簡単にメモを残しておきましょう。

■相手が話しやすいように聞こう
会話の基本は、キャッチボールです。好きなように話す人が2人いるよりも、相手の話を受け止める存在がいる方が、話は弾みます。話しやすいように聞く練習を少しずつ始めてみましょう。(番長みるく/ライター)

(ハウコレ編集部)

あなたにおすすめ