ボイメン、ロケ先でもチケット確保を約束! ナゴヤドーム公演へ邁進


●新曲のパートでぴったりだなと思う部分
東海エリア出身・在住のメンバーで構成されたエンターテインメント集団・BOYS AND MEN。
2019年1月14日は遂にナゴヤドームでの単独ライブも決定し、波に乗っている彼らが、ヒャダイン作による新曲「炎・天下奪取」を9月12日に発売した。メンバーの水野勝が出演するMBS/TBSドラマイズム『マジで航海してます。~Second Season~』の主題歌としても注目されている同曲は"ボイメン節"炸裂の熱い楽曲となった。

今回メンバーの中から田中俊介、辻本達規、小林豊、本田剛文、勇翔、平松賢人、土田拓海の7人がマイナビニュースに初登場! 全4回の短期連載の中で、後半は田中、小林、勇翔、土田に話を聞いていく。

○アドバイスで個性を出せた

――今度は、9月12日に発売された新曲「炎・天下奪取」についても教えてください。

小林:これぞヒャダインさんだなというところと、ボイメンのことを考えてくれたなというところが完全に融合してました。

――辻本さん、本田さん、平松さんの3人に話を伺ったら、ヒャダインさんが歌うパートを選んでくれたそうで。

土田:各々がぴったりだなと思いました。

田中:つっちーどんなところだっけ。

土田:自分にもできないことがあると確かに思ってたから、「みんなとやれてうれしい」という気持ちのところをうまく当てはめてくれて嬉しかった。あと、辻ちゃんが、「汗でビシャビシャ」ってところを歌うのとかも合ってていいなと思いました。

田中:僕は、サビ前の「限界の次を 絞り出せ!」というところを歌ってて。

――田中さんって、限界の次、絞り出すイメージありますよね。

田中:そこから「もっと! もっと!」って、ガンガンに上がっていくんですよ。なので、最初にレコーディングするとき、丁寧に歌おうと思っていたんです。そしたら、「もっと自分のカラーを出していいよ」と言ってもらって。ヒャダインさんからも「綺麗にやるんじゃなくて、ガンガンに出してもいいんだよ」と言われて。そのアドバイスを聞いて、個性が出せて楽しくなったし、出来上がったものを聞いても、それぞれの個性が強い上に、まとまってもいるなと思いました。

小林:僕のところは打って変わって、曲の中で急に、ゆるい感じが流れる部分。正直「ハマるのかな?」と思うくらいだから、すごいです。

田中:そういう、いろんな流れがあるから、うまくつながるようにやろうとしたら、「一気にいっちゃっていんだよ」と言ってもらったんですよね。

――辻本さんも、ヒャダインさんの曲は、全部盛りだって言われてました。

勇翔:僕はいつも、追っかけのところを歌うことが多いんです。「炎・天下奪取」だったら、「ダッシュ!」とか「もっと! 」っていうところ。普段やってるところを担当させてもらえるってことは、ヒャダインさんも僕のことをわかってくれてるんだな、と思いました。ただ1カ所だけ、普段やらない裏声で歌うところがあって、そこはヒャダインさんからのミッションなのかなと思って、ちゃんとクリアしようと、毎回意識して歌っています。

●ナゴヤドーム公演に向けて、頑張っていることは?
○少しでもこちらから会いに行きたい

――最後に、来年1月14日のナゴヤドーム公演にむけて、それぞれの頑張っていることを教えてください。

田中:ナゴヤドームを成功させるためには、応援してくれる仲間を増やさないといけないと思うんですけど、その入り口って1個じゃないと思うんです。僕たちは、個々の仕事もしているので、いろんな方面から興味もってもらって、ナゴヤドームに足を運んでもらいたいなと。入口をふやしていこうと思ってます。

あとは自分にできることというと、僕は生真面目でやれってことを継続させるタイプで、毎朝ブログを書いていて、そこにチケット情報なんかも書いて発信してくってこともやってます。

土田:本当に毎日欠かさず。ブログを一番更新してますね。

勇翔:僕は、ローカルにはなるんですけど、長野県出身で長野のお仕事もいただいてるんですね。今までは、そういう仕事のときも、マネージャーに「どうですか」と聞くだけだったけど、今は色々と提案するようにしています。

特に長野に縁があるのは僕だけなので、1人でも多く長野の人にボイメンのことを知ってもらって、長野からもナゴヤドームに来てもらおうという思いで仕事をやってます。

小林:俺は、なんだろう。叶うかかどうかわかんないことでも、やりたいこと、思いついたことは、全部口に出すようにしてます。ドームに向けてだと、全国を少しでも多く廻りたいと思ってて。考えてみたら、自分も遠出するタイプじゃなかったし、ライブとかも「近くにきたら行ってみようかな」と思う方だから、ボイメンを知って気になったとしても、遠くから名古屋に行くって大変だと思うんですね。

だから、こっちから少しでも会いにいって、それで1人でも多くの人に会って、「来てね」という思いを伝えたいし、そうしたいってことを、マネージャーにも言っています。こうやって口に出すことで、1個でも多く、気持ちを伝えられるチャンスが増えればいいなと思って。

●土田と小林、ビジネス仲良し?
○お店の人にチケット70枚を確保

――土田さんはいかがですか?

土田:僕は、ロケとかで行った先々で、できるだけボイメンって名前を出して、知ってもらうようにしています。そういうときに知り合った人たちに、親近感を持ってもらいたいという意識を持ってやっています。

小林:つっちー、ロケで行った先のお店の人に、チケット20枚頼まれてたもんね。

土田:今んとこ、70枚くらいは。

勇翔:確実な70枚だもんね。

小林:つっちーがロケで行ったお店に、オフのときに一緒に行ったんですよ。そしたら、お店の方に「つっちー、チケット確保してくれた?」って言われてて。

――やっぱり、土田さんと小林さん、なんだかんだ言って仲がいいですね。

小林・土田:いや、ビジネスだから(笑)。

小林:そんなことばっか言ってるから、未だに握手のときとかに、ファンから「つっちーのこといじめないでください!」って言われるんですけどね(笑)。

■BOYS AND MEN
2010年に結成された東海エリア出身・在住のメンバーで構成されたエンターテイメント集団。現在、東海エリアを中心にテレビ・ラジオのレギュラーを多数持ち幅広く活躍中。歌・ダンス・芝居だけでなくミュージカルなどもこなす。2015年に愛知県・日本ガイシホールで一万人ライブを敢行、2016年リリース「BOYMEN NINJYA」から「Wanna be!」「YAMATO☆Dancing」「帆を上げろ!」「進化理論」まで5作連続オリコンデイリーチャート1位を獲得。
10月にはディスコグラフィ―映画「BOYS AND MEN~OneFor All, All For One~」が全国公開。さらに、第58回輝く! 日本レコード大賞新人賞、2016アジアミュージックアワード ライジングスター賞を受賞。2017年1月7日には日本武道館にて初となる単独ライブを実施。2月から行われた47都道府県ツアーは無事成功を果たした。2019年1月14日は遂にナゴヤドームでの単独ライブが決定し、東海地方を代表する男性グループとして話題を集めている。

あなたにおすすめ