みんなはどれほど仕事にストレスを抱えているのか

for Real?

2018/9/13 12:00


みんなはどれほど仕事にストレスを抱えているのか

ストレス社会と形容される昨今の日本、誰もが何かしらのストレスを抱えているわけですが、仕事でのストレスとなれば、それを表に出さないようにするのも大人のマナーであり、目の前にいる人がどれほどストレスを抱えているのか察しづらいところがありますね。
そんな仕事におけるストレスの実態をGMOリサーチが運営する『アンケートサイト infoQ』で調査しました。

■仕事でストレスを抱えている人の割合


まずは、仕事でストレスを抱えているかどうかをアンケートし、その結果を年代別・性別ごとにグラフにまとめてみました。
【男女】Q.仕事でストレスを感じていますか(単一回答)
【男女】Q.仕事でストレスを感じていますか(単一回答)

20代男性以外は、80%以上の人が仕事で何らかのストレスを抱えているようですね。

■男性が抱える仕事のストレス原因の年代別傾向


男性を対象に仕事で覚えるストレスの原因について聞いてみた結果が以下となります。
【男性】Q.仕事のストレスの原因は何だと思いますか(複数回答)
【男性】Q.仕事のストレスの原因は何だと思いますか(複数回答)

どの世代でももっとも回答が多かった「給料が安い」ことに対する不満ですが、特に20代が強く思っている傾向にある様子を見ていれば、若さならではの野心も察せられますし、年齢給が根強く残っている風潮も伺えます。40代では職場の人間関係について悩むことが多いようです。
上司と部下の板挟みでストレスが溜まってしまうのかもしれませんね。

■女性が抱える仕事のストレス原因の年代別傾向


以下は、女性を対象に仕事に覚えるストレスの原因について聞いてみた結果となります。

【女性】Q.仕事のストレスの原因は何だと思いますか(複数回答)
【女性】Q.仕事のストレスの原因は何だと思いますか(複数回答)

女性の場合にも男性と同様、「給料が安い」ことに対する回答が多くなっていますが、20代から40代にかけて回答割合がグッと下がっていることより、半ば諦めのようなものが影響しているのではと思われます。
結婚を機に正規雇用から離れるケースが多いのも大きな理由となっているかも知れませんね。

■みんなが仕事にストレスを抱えている具体的な理由


【男女】Q.「あなたが仕事で感じているストレス」について、現在の状況を教えてください。(自由回答)

■給料が安い

「昇格したところでそこまで給与が変わらず、責任だけ重くなり休日も電話が来る始末。更に上司も休まな過ぎて壊れてきているのか、協定に引っかかるから出勤しても勤怠を押さないでほしいと言ってくる始末だった。サービス残業で仕事してきたのに挙句の果てにはサービス出勤ってどうなのか。」
(20代:男性)

それはいわゆるブラック企業なのでは…。
お体を壊さないようにしてほしいです。

■仕事量が多い

「総合職のため、一人の抱えている仕事量がとても多い。そんな中、働き改革ということで早く帰れと社長に口うるさく言われるが、お客様相手の仕事だから終わらないのに帰れるわけもなく・・・。結果板挟みになり、とてもストレスを感じている。」
(20代:女性)

現場の様子を理解していない管理職ほど無茶を言うものですよね。
板挟みはツライです。

■職場の人間関係が悪い

「ホテルの清掃をしているのですが、内向的な仕事のせいかみんな噂話が好きで常に誰かしらが噂の標的にされている状況が嫌だ。それも誰かの悪口や、言った覚えのないことをあたかも言ってたかのように噂されるのでほんとにストレスが溜まる。過去最悪の職場。」
(20代:女性)

ただの噂ならまだしも、言った覚えのない事まで言った事にされるのはツライですよね。

■仕事にやりがいがない

育児休暇後、現在は時短で働かせて頂いている。前とは異なる部署へ配属され、仕事の内容も誰にでも出来る簡単なもの。いくら時短とはいえかなりの雑用感。この先ずっと同じ仕事だと思うと将来が不安。」
(20代:女性)

雑用感があると、やる気もなくなりますよね。

■うまくストレスと付き合っていきましょう。


いくらストレスを避けようとしても、ストレスの方から私たちの周囲へと寄ってくることを考えれば、いかにして付き合う方法を模索するしかありません。自分なりの解消方法を見つけて、うまく発散していきましょう。

■調査データ


有効回答数:2,900名
調査期間:2018年8月2日~2018年8月7日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢) 男性15歳~49歳
調査媒体:アンケートサイト infoQ

あなたにおすすめ