デートの服選びの参考になる「パーソナルカラー」と「骨格タイプ」とは?

yummy!

2018/9/13 11:00


デートの服選びの参考になる「パーソナルカラー」と「骨格タイプ」とは?

網野新花です。
デートのときの服選びといえば、毎回何時間もかかって、着てはみるものの、「本当に自分に合っているのかな」と不安になることも多いでしょう。
今回はそんなデートの服選びを短縮し、しかも自分に合う洋服が見つかる「パーソナルカラー」と「骨格タイプ」を紹介していきます。

「パーソナルカラー」って?



「パーソナルカラー」とは、生まれつきで似合う色のことです。
「パーソナルカラー」にはさまざまな考え方がありますが、基本的に
・春
・夏
・秋
・冬
の4つに分類されます。
春は明るくて鮮やかな色が多く、パーソナルカラー春の人は生まれながらにしてかわいい雰囲気をまとっています。
夏は明るいものの鮮やかではない色が多く、パステルカラーの多くはパーソナルカラー夏となります。柔らかくて上品な雰囲気があるので、それを生かしたコーディネートをすると映えます。
秋は深みがある色が多く、パーソナルカラー秋の人は凛とした中にも温かみのある雰囲気があります。
冬はハッキリとしていて、青っぽい色が多く、パーソナルカラー冬の人は華やかでキリッとした雰囲気があります。
パーソナルカラーが合うと…
パーソナルカラーに合った洋服を着れば、お肌のくすみやシワなどといったコンプレックスが見えづらくなり、顔色が良くなり、個性が引き出されるようになります。

「骨格タイプ」って?



「骨格タイプ」は
・ストレート
・ウェーブ
・ナチュラル
の3つに分類されます。
骨格ストレートは全体的にメリハリがあり、厚みとハリがある素材が似合います。トップスは胸元が空いているもの、ボトムスは太ももを強調しないものが似合うタイプです。
骨格ウェーブは華奢で柔らかい曲線があるボディを持っていて、体の重心が下半身にあるタイプです。トップスは飾りがついたもの、ボトムスは広がりがあるフレアスカートかピタッとしたものが似合います。
骨格ナチュラルは筋肉や脂肪が主張しておらず、その代わり骨や関節が大きく出ています。骨があるのでカジュアルなものが似合い、トップスはサイズ感が大きいもの、ボトムスは大きめサイズがピッタリです。
骨格タイプが合うと…
スタイルが良く見えます。骨格タイプが合う洋服はそれぞれのタイプが生まれつき持っているコンプレックスを上手に隠し、長所を引き出してくれるため、ダイエットしていなくてもダイエットしているかのようにスタイルが引き締まります。

どうやって診断してもらえればいいの?



自己診断だと誤診する可能性が高いので(特にパーソナルカラー)、専門のサロンで診断してもらいましょう。東京だと大丸松坂屋(https://dmdepart.jp/fashionnavi/tokyo/)でも診断を行っているので、気になった人は診断を受けてみてください。

パーソナルカラーと骨格診断で自分のデートスタイルを見つけよう!



パーソナルカラーと骨格診断を受けて活かすことで、自分にピッタリなデートスタイルを見つけられます。「ファッションセンスに自信がない」「自分に合う洋服がわからない」という人は、彼にかわいい自分を見てもらうためにも受けてみては?
(網野 新花/ライター)

あなたにおすすめ