上白石萌歌、ゆうたろうに服を選んでもらい「いつか舞台挨拶で着てみたい」

AbemaTIMES

2018/9/13 10:38


 恋愛経験ゼロのオタク男子が、誰もが振り返る超美少女と恋愛したら……?那波マオ原作の同名人気コミックを、中条あやみ&佐野勇斗出演で実写映画化した『3D彼女 リアルガール』が9月14日より公開となる。

本作で、佐野が演じるオタク男子“つっつん”に負けずとも劣らないオタク女子である“綾戸”を演じたのが女優の上白石萌歌。今年は3本の映画に出演し、今後の活躍が期待される注目の若手女優だ。すぐ転び、物を落とすドジっ子でありながら、好きな事の話になるとマシンガントークを繰り広げるユニークでピュアな役柄をリアルに演じた。役作りや共演者とのエピソードについて話を聞いた。

『3D彼女 リアルガール』は「笑って泣けた」
――完成した映画をご覧になって、上白石さんの感想はいかがですか?

上白石: 「笑って泣ける」をリアルに体験したのは初めてでした!ラブコメなんですけど、恋愛要素だけではなく、友情や家族のお話もあって。今回の出演をきっかけに『3D彼女 リアルガール』の漫画とアニメも見たのですが、それぞれに映画とはまた違った面白さがありました。

(c)2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会 (c)那波マオ/講談社

――本作で上白石さんが演じている「綾戸さん」は、漫画・アニメオタクでしたが、ご自身はあまり読んでこなかったのですね。

上白石: そうなんです。なので、綾戸さん役をいただいた時は大丈夫かな?私にできるかな?とちょっと心配でした。綾戸さんのように何か一つのことに熱中している人にずっと憧れていて、今回この役を演じた事で私も何かにのめり込む事が増えました。『3D彼女 リアルガール』の漫画とアニメもそうでした!

――役柄の影響を受けているのですね。その他にも、魅力を感じる所はありましたか?

上白石: 綾戸さんは、最初は自分に自信がない子だったけれど、“つっつん”に出会ってどんどん変わっていくんです。恋の力ってすごいな~って思いました。ショックを受けた時にお花を落としちゃったりするところも、素直で可愛いなって思います。

共演者とは、プライベートで遊ぶ仲

(c)2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会 (c)那波マオ/講談社

――映画の中で特に好きなシーンはどこですか?

上白石: たくさんあるのですが、ハロウィンパーティのシーンは、あんなパーティを普通はできないのですっごく楽しかったです。あと、ゆうたろう君が演じる“伊東君”がある告白をするシーン。夜中に撮影をしていて、外には雨がたくさん降っていて、みんなすごく集中していて良い緊張感がありました。ゆうたろう君は、本作が演技初挑戦だったみたいなのですが、素晴らしいお芝居で、私も本心で泣いてしまいました。

――あのシーンは思わず涙がこぼれるような、心を動かされるシーンでした。

上白石: その後に私も大事なシーンがあったので、その撮影の空気感はすごく印象に残っています。

――ゆうたろうさんたち共演者とは、撮影以外でも話をしたりしましたか?

上白石: すごく仲良くなって、「今度みんなで遠出しよう」というお話が出ています。私は特にゆうたろう君と(恒松)祐里ちゃんとよく遊んでいて、3人で浅草に行ったり、お互いの誕生日パーティを開いたり。私の誕生日には2人が洋服をくれて。それが、カリスマ店員として有名になったゆうたろう君が選んでくれた古着のワンピースなので、「カリスマショップ店員が選ぶ古着なんてすごい!」って思いました(笑)。黒で凝ったデザインのワンピースなので、いつか舞台挨拶などで着てみたいです。

佐野はギャップが素敵、中条はフィギュアのようだった

――その他共演者の方の印象はいかがでしたか?

上白石: 佐野君とは映画『羊と鋼の森』という作品でもご一緒していたのですが、同じシーンはなかったので、今回は同じシーンが多くて嬉しかったです。話していてもすごく気が合います。おちゃらけているけど、誰よりも真面目というか、そんなギャップが素敵な方だなと思いました。中条さんは、初めて会った時に「美しい……、フィギュアだ! まさにリアルガールだ!」と感激して(笑)。中条さんにしか“色葉”は演じられなかったと思います。中条さんご自身は大阪出身ですごく面白い方なので、現場では女子トークもたくさんして楽しかったです。

――おちゃらけているけど真面目、美しいけれど面白い、なんだかつっつんと色葉のそのものの様な素敵なギャップですね。清水尋也さんはいかがですか?

上白石: 清水君は姉妹で縁があって、本当に尊敬している俳優さんです。考え方がしっかりしていて、嫉妬しちゃうくらい表現が上手で、今回も勉強させてもらいました。

――確かに清水さんって本当に色々な役柄を演じられていて、その都度完璧というか。

上白石: そうなんですよね。弱い役も強い役もできる。また同じ作品に出られる日が待ち遠しいです。

――特に仲良しだという恒松さんは、共演していかがですか。

上白石: ご一緒した映画『ハルチカ』では一緒のシーンがなかったので、今回、多くのシーンをご一緒できて嬉しかったです。祐里ちゃんの他の作品は観ていて、お芝居が上手なのに安心する素朴さがあって、キラキラ可愛くて。これからもずっと仲良くいられるお友達ができて嬉しいです。

――アニメのキャラクター「魔法少女えぞみち」の声を演じた神田沙也加さんについては、いかがでしょう

上白石: 私たち高校生はどうしても感情にふりまわされてしまう事が多い中、えぞみちだけはしっかりとしたお姉さんというか。映画を観ていて、えぞみちに励まされる人は多いと思います。そして、私もアニメの声優のお仕事をさせてもらったので(映画『未来のミライ』)、神田さんの表現力はとても憧れます。

――最後に、綾戸さんが漫画・アニメにハマっているように、上白石さんがハマっていることは何か、教えてください。

上白石: 音楽が大好きなので、アニメ『3D彼女 リアルガール』の主題歌のくるりさんもそうですが、「andymori」さんというバンドの曲をよく聴いています。ロックTシャツ、バンドTシャツを集めるのも好きで、お家にたくさんあるので、これからも増やしていきたいなと思っています。

写真:Mime Soga

映画『3D彼女 リアルガール』9月14日(金)公開

あなたにおすすめ