2分でわかるAppleスペシャルイベントまとめ、新iPhoneの名称は?


Appleは2018年9月12日(現地時間)、スペシャルイベントを開催した。イベントでは、新iPhoneである「iPhone XS Max」「iPhone XS」「iPhone XR」や、第4世代のApple Watchなどが発表された。本記事では発表内容を簡潔にまとめている。

○iPhone XS Max

ラインナップは64GB、256GB、512GBの3種類
色はゴールド、スペースグレイ、シルバーの3種類
9月14日から予約開始、9月21日に発売。価格は税別124,800円~
6.5インチ(2,688×1,242ピクセル)のOLEDディスプレイを搭載
新開発のA12 Bionicチップを搭載
防塵・防水性能はIP68に準拠
アウトカメラは1,200万画素の広角カメラと1,200万画素の望遠カメラによるデュアル構成
インカメラの画素数は700万画素
DSDS(デュアルSIM、デュアルスタンバイ)に対応

○iPhone XS

ラインナップは64GB、256GB、512GBの3種類
色はゴールド、スペースグレイ、シルバーの3種類
9月14日から予約開始、9月21日に発売。価格は税別112,800円~
5.8インチ(2,436×1,125ピクセル)のOLEDディスプレイを搭載
機能や性能はiPhone XS Maxと同等

○iPhone XR

ラインナップは64GB、128GB、256GBの3種類
色はイエロー、オレンジ(コーラル)、ブラック、ブルー、プロダクトレッドの5種類
10月19日から予約開始、10月26日に発売。価格は税別84,800円~
6.1インチのLCDディスプレイ「Liquid Retinaディスプレイ」(1,792 x 828ピクセル)を搭載
新開発のA12 Bionicチップを内蔵
防塵・防水性能はIP67に準拠
Face ID対応
アウトカメラはシングル構成(1,200万画素)
インカメラの画素数は700万画素

○Apple Watch series 4

GPSモデル(税別45,800円~)とGPS+CELLULARモデル(税別56,800円~)を用意
9月14日から予約開始、9月21日に発売
新たなウォッチフェイス「ファイヤーフェイス」や「バブルフェイス」をプリインストール
スピーカー音量が向上し、従来モデルの1.5倍、音が大きくなった
光学センサーを利用して、心拍数が低い場合に警告を出す「Low Heart Rate」機能を搭載
背面には新たに電気センサーを内蔵。心拍の電気信号を計測し、グラフ化する

○OSのアップデート情報

iOSは米国時間9月17日にリリース
macOS Mojaveは米国時間9月24日にリリース
watch OSは米国時間9月17日にリリース
tvOSは米国時間9月17日にリリース

○HomePodの新機能

米国時間9月17日にアップデート
米国・スペイン・メキシコで新たにスペイン語に対応、カナダでフランス語に対応(残念ながら日本語には対応しなかった)
電話機能を追加。iPhoneと接続することで、HomePodから電話の発信や着信が可能となった

○Apple Store関連

iPhone 6s/6s Plus、iPhone SE、iPhone XがApple Storeから姿を消した

あなたにおすすめ