バックパックの肩紐に一眼カメラを固定すれば、走ってもぶらつかず即座に写真が撮れる【今日のライフハックツール】


一眼レフカメラ、あるいはミラーレス一眼カメラは、レンズを付け替えることによって多彩な撮影ができるところが魅力のひとつ。

しかしサイズの大きなレンズを装着したカメラは、重いだけでなくバランスの問題から、どうしても持ち運びに難があるのです。

一眼カメラの持ち運び問題を解決するカメラホルダー


ストラップで首からぶら下げていると、何かの拍子にどこかに打ちつけてしまいそうな不安定さがありますし、かと言って移動しながらの撮影の場合、いちいちバッグに収納するのは面倒

それらを考慮してホルスタータイプのバッグやフックがあるのですが、もっと使い勝手がいいものを探している人なら、Peak Designの『CAPTURE』はチェックしておくべきカメラホルダーです。

動いてもしっかり固定され安心、即座にかまえられる


『CAPTURE』は一般的なホルスターやフックと違い、吊るすだけではなく、ロックがかかるようになっています。

走ったり身を乗り出したりする場面でも、万が一の落下に気をつかう必要がありませんから、安心感が大きく違います。

少し慣れは必要そうですが、片手でロックを外しながらカメラを引き抜けるので、動きのある撮影でも即座にかまえることが可能。
Push
【国内正規品】PeakDesign ピークデザイン キャプチャー ブラック CP-BK-3
【国内正規品】PeakDesign ピークデザイン キャプチャー ブラック CP-BK-3
8,835円

三脚にそのままセットできる

20180826_capture_01
Image: Peak Design

ホルダーにセットするためのクイックシューは、アルカスイス規格なので、対応三脚にそのままセットできますし、マンフロット製の三脚に対応した別売りのシューも用意されています。

90Kgの重量にも耐えられる


ホルダー本体は、バッグのストラップやベルトに固定でき、90kgの重量にも耐えられる設計となっていますので、設置方法に困ることも少ないでしょう。

Peak Designのサイトでは価格は69.95ドル(約7800円)で、送料は14.95ドル(約1700円)となっています。

「通常のナイロンの7倍の強度」機動力とタフさを求める人必見のバックパック【今日のライフハックツール】

最初に書いておきますが、今回ご紹介する『Braasi Wicker』は、価格が4万円を超えるバックパックです。実物を見ずに買うとなると、迷ってしまう...
https://www.lifehacker.jp/2018/08/lht-braasi-wicker.html

Image: Peak Design

Source: Peak Design, Peak Design Video / YouTube

Reference: Akiの神戸ファインダー

あなたにおすすめ