パトカーに車が体当たり 警官7発発砲 衝突車の男逮捕 大阪

 大阪市生野区の住宅街の路上で12日未明、不審な乗用車を追跡していた生野署のパトカーに別の乗用車が体当たりした。乗用車はそれぞれ男が運転しており、署員2人が2台に向けて計7発発砲。衝突してきた車の男を公務執行妨害と殺人未遂などの疑いで現行犯逮捕したが、応援を呼びに行った隙に追跡していた車の男には逃げられており、行方を追っている。

 生野署によると、逮捕された男は住所、職業いずれも不詳の41歳。肩などに弾が当たってケガをし、治療のためいったん釈放。回復次第、再び逮捕する。検査で覚醒剤とみられる反応が出た。捜査関係者によると2台は盗難車の疑いがあり、うち1台のナンバープレートは偽造されていた。

 署員2人は12日午前3時10分ごろ、車上狙い事件の警戒中、ライトを消して停車している銀色の車を発見。職務質問しようとしたところ、車は逃走した。パトカーで追走中に男が乗った黒い車が間に割り込み、3台連なったまま約100メートル先の袋小路に入り込んでストップ。黒い車がバックして何度もパトカーに衝突を繰り返したため、パトカーを運転していた男性巡査部長(27)が「止まれ!撃つぞ!」と警告した上で、黒い車に2発発砲した。

 銀の車もバックして逃げようとしたため同乗していた男性巡査長(27)が5発威嚇射撃。なおも前後に動き続けたため、近くまで来ていた応援の警察官を呼びに行き、戻ると銀の車の男はいなくなっていた。逃走したのは若い男で、身長約1メートル70。富田林署から逃走した樋田淳也容疑者(30)ではないとみられる。

 樋田容疑者の逃走から、この日でちょうど1カ月。府警では先月末に「似ている」と通報を受け、追走していたバイクの高校生が追突死する事故が起きたばかり。この高校生は無免許で、バイクは盗難車だった。府警は樋田容疑者確保に躍起だが、足取りは依然としてつかめず長期化の様相をみせている。この日も派手な逮捕劇の中で、1人の逃走を許した。追跡が適正だったかについて、生野署の近藤亮治副署長は「詳細は現在調査中」とのコメントを出した。

あなたにおすすめ