iPhone XRが発表!カラフルな6色展開でiPhone 8 Plusより大きなディスプレイ搭載

かみあぷ速報

2018/9/13 06:10


日本時間9月13日深夜2時に開催されたAppleのスペシャルイベントでiPhoneXR」が発表されました!「iPhone XS」の発表の後に「one more iPhone…」として紹介されたのがこちら。

画面サイズは6.1インチで、iPhone Xの5.8インチに比べてもディスプレイは大きくなったものの、iPhone 8 Plusよりも筐体は小さいというサイズ感。

どちらかというとやや安めなiPhone XRは狙い目かもしれませんね。早速見ていきましょう。

■6色の中から好きな色を選ぼう


iPhone XSは3色ですが、iPhone XRはイエロー、ホワイト、コーラル、ブラック、ブルー、レッドの6色が用意されています。お好みの色をどうぞ。



画面サイズは6.1インチとこれまでになかったもので、iPhone XやXSで採用されているOLEDではなくLCD(液晶)を採用しています。新登場の「Liquid Retina」ディスプレイと呼ぶそうで、スマホ業界では最先端な液晶なんだそうです。

3D Touchは非搭載で、その代わりとして「Haptic Touch」を搭載しているのでMacbok Proのトラックパッドのような感じで感覚フィードバックがくるそう。



今回、XSもXRもiPhone Xのようなホームボタンのないデザインを採用しているので、とうとう最新のiPhoneからは全てホームボタンがなくなりました。時代の流れですねぇ。

そのため、iPhone 8 Plusよりもディスプレイサイズは大きいものの、筐体サイズは小さくなっています。



チップはA12 Bionicを搭載。おそらくiPhone XS/XS Max同様に4コアのGPUに6コアのCPU、8コアのニューラルエンジンを搭載したものとみられます。

また、iPhone XSシリーズ同様デュアルSIMに対応。nano SIMとデジタルなeSIMに対応しますが、日本では各キャリアからの情報を待った方が良さそうです。



カメラの画素数はiPhone X同様1200万画素ですが、ポートレートモードでは撮影後でもポートレート写真の被写界深度を調整できるようになるなどの進化があります。

ただしiPhone XRのリアカメラはデュアルではなくシングル。ここは大きく違いますね。



バッテリーの持ちはiPhone 8 Plusよりも90分増しに。少しでも長ければありがたいですよね。

耐水性能はiPhone XS/XS Maxより劣ってIP67等級となります。試験では最大水深1メートルで最大30分間耐えられるとのこと。



オンラインストアでの予約注文は10月19日16時1分からで発売は10月26日となります。iPhone XSに比べると1ヶ月程度遅いですのでご注意を。

ストレージは64GB、128GB、256GBがあります。価格は以下のとおり。(価格は税抜き)
  • iPhone XR 64GB: 84,800円
  • iPhone XR 128GB: 90,800円
  • iPhone XR 256GB: 101,800円


あなたにおすすめ