「充電しすぎはスマホのバッテリーをダメにする」は本当?

カフェグローブ

2018/9/13 05:15

20180913_lh_battery

スマートフォンの充電、どれくらいの頻度でしていますか?

「バッテリーは使い切ってから充電しなくてはいけない」と思い込んでしまっている人が、意外と多いようです。あなたもひょっとしたら、スマホの電池残量を0%にして充電しないと、バッテリーの寿命が短くなると信じているのでは?

ですが、それは間違いです。充電のタイミングを過剰に気にする必要はありません。

ライフハッカー(日本版)の記事で調査した結果がまとめられているので、見ていきましょう。

充電するほど、充電容量は減っていくが……


スマートフォンに使用されているリチウムイオンバッテリーは、充電するほど、充電できる容量が減っていきます。つまり、充電回数が多いほど、バッテリーの寿命は短くなるのです。

しかし“充電回数”とは単純に充電を行った回数ではなく、消費した電気の総量が100%となることを意味しているようです。Appleの公式見解でも、以下のように述べられています。

バッテリー容量の75%を1日で消費し、夜のうちにフル充電したとします。翌日25%を消費する、すなわち合計100%消費すると、2日で1回の充電サイクルを完了したことになります。
ライフハッカー(日本版)より引用

この前提を勘違いしていると、無駄に電池を消費して、結果的にバッテリーの消耗がひどくなってしまうのでよく覚えておきましょう。

充電タイミングの意見はさまざま


スマートフォンのバッテリーの交換にかかる料金は5,000円前後が一般的です。安くはないので、できるだけ節約したくなるのも当然でしょう。

ですが、バッテリーの適切な充電については絶対的な正解がないようです。

たとえばSAMSUNGは「超時間充電し続けるべきではない」「充電レベルは常に40~80%の間にしておくべき」と述べていますが、テクノロジーメディアのVergeでは「可能なかぎり充電器につないでおけばいい」「フル充電になれば、電流が流れ込まない」といった意見を主張しています。

バッテリーはあくまでも消耗品


結論の再確認です。充電は好きなタイミングでしてしまって構いません。バッテリーの劣化が心配であれば、フル充電状態でケーブルにつなぐのは避けましょう

忘れていけないのは、バッテリーが消耗品であることです。いつかは交換が必要になります。

必要な場面で電池残量が不足していて困ってしまっては本末転倒。ライフスタイルに合わせて、必要な頻度で充電することを優先しましょう。

ライフハッカー(日本版)

もうSIMいらず。世界100か国以上でつかえるスマホ

2018年7月に発表されたスマートフォン「jetfon」はクラウド上に格納された世界100以上の国と地域のSIMを利用でき、現地に到着したらすぐに使...
https://www.cafeglobe.com/2018/08/jetfon.html?test2018_01

スマホの通知は潔くオフに。オン/オフを切り替える4つの方法

管理職の78%が、オフタイムでも仕事の連絡確認をするという現在。デジタル時代に働く管理職の悩みの一つである、オンとオフの切り替えをスムーズにするティ...
https://www.cafeglobe.com/2018/07/on_off.html?test2018_01

Image via Shutterstock

あなたにおすすめ