スマホで映すだけで、バスケのシュートをスコアリングしたり動体認識をしてくれるんですって #AppleEvent

180913homecourt_01
Image: Apple

ARぱないよーすごいよー。

9月13日(木)のApple Special Eventにて発表された新しいiPhoneたち「iPhone XS(テンエス)」と「iPhone XS Max(テンエス マックス)」。搭載されたA12チップとニューラルエンジンも超パワフルで、機械学習にも対応し、Core MLも9倍の速度に。もちろん、ARKit 2も強化されています。

その強化されたAR機能を使ったデモとして、NEX TEAMによるARアプリ「HOMECOURT」がお披露目されまして。これはiPhoneのカメラでバスケットコートを撮影するだけで、色んなものを認識してくれるというもの。バスケットコートが身近にないぜというのは置いといて、こんなことができるみたい。
180913homecourt_02
Image: Apple

iPhoneのカメラでコートを映すと、1on1対戦時にどちらがシュートを入れたかをカウントします。まぁこの機能は、すごいけどすごいですね、ってレベル。真にすごいのは次です。
180913homecourt_07
Image: Apple

これ、シュートを打ってる人の動きをモーションキャプチャーみたいにセンシングしてるんです。本来はモーションマーカーを装着しないと難しい処理をリアルタイムでやってて、しかもシュートの軌跡や距離、時間、角度まで表示してくれる。リアルタイムにですよ、すごくないですか!?
180913homecourt_04
Image: Apple
180913homecourt_05
Image: Apple

シュートを打つ位置や、位置ごとのシュート率もこの通り。一緒に登壇したNBAの元MVP選手Steve Nashさんも「こんなアプリが子どもの頃あったらな」とコメントするほど。プロのスポーツ選手みたいなフォーム分析がスマートフォン1コでできてしまうとは、いやはやデバイスの進化、おそろしや。

同じようなことがサッカーの蹴り方や、野球のバッティングフォームでも出来たなら、運動部の人たちはiPhone XSやiPhone X MAXを選ぶ理由ができますね。できてしまいますね……!

Source: Apple

あなたにおすすめ