片岡鶴太郎、半月板損傷で手術へ「無理矢理足を伸ばしたら激痛が…」

AbemaTIMES

2018/9/12 21:07


 タレントの片岡鶴太郎(63)が、左ひざの半月板を損傷したため手術することを自身のブログで明かした。

片岡は11日に更新したブログで、「2週間程前、私の不注意で撮影中コミカルな動きをしたところ、左膝がギクッと入り、そのままロックされてしまいました。それを無理矢理、力任せに外そうと足を伸ばしたら、筋を噛んだ様な激痛が走りました」と負傷した経緯を説明。

その後は行きつけの接骨院へ行き、痛みは軽減したものの、症状が改善されず病院へ行って診察を受けたところ「半月板損傷」で手術が必要な状況まで悪化していたという。

片岡は仕事への影響について、「ドラマ、バラエティ、ロケ等のスケジュールを調整して、オペする事になりました。関係各位の皆様に御迷惑を御掛け致しますが、どうぞ宜しく御願い申し上げます」とつづっている。

(AbemaTV/『AbemaNews』より)

Abemaビデオ限定▶ 頸髄損傷の怪我と向き合い戦い続ける高山善廣自身が語るお礼の言葉

あなたにおすすめ