故マック・ミラーの友人が証言「アリアナ・グランデは彼を懸命にサポートしていた」

現地時間7日、26歳という若さで急死したラッパーのマック・ミラー。彼の友人シェーン・パワーズは現地時間10日に自身のポッドキャストにて、元恋人で歌手のアリアナ・グランデがマックの支えになっていたことを語った。

マック・ミラーは7日、カリフォルニア州サンフェルナンド・バレーの自宅で倒れているのを発見され、この世を去ってしまった。死因は薬物の過剰摂取とみられている。

マックは今年5月まで約2年間、アリアナ・グランデと交際。その後、アリアナは今年6月にテレビ番組『サタデー・ナイト・ライブ』でお馴染みの俳優ピート・デヴィッドソンとスピード婚約した。アリアナはマックの死後、インスタグラムにマックの写真を投稿して、哀悼の意を表している。

そしてマックの友人シェーン・パワーズが、ポッドキャストにてマックとアリアナについてこのように証言した。

「アリアナと彼は付き合っていたし、とても愛し合っていたよ。これだけは言わなくちゃいけない。マックが最初に酒やドラッグを断とうとしていた時、アリアナは素晴らしかった。」

「アリアナほど、マックが酒やドラッグに手を出さないようにサポートした人はいなかったよ。」

「僕は見たんだ。その周りにいたから。アリアナからの電話に出たよ。『どうやって助けたらいい? 何をすればいい?』っていうね。この小さな女の子は信じられないほど、彼が健康でいられるように助けていたんだ。」

シェーンは、アリアナがマックの健康面で“深く”助けを差し伸べていたことを強調している。

マックの死について、一部の人々がアリアナを責めていたが、アリアナは愛する人のために手を尽くしていたのだ。今は婚約者がいるアリアナだが、2年間交際していたマックの死に心を痛めていることは間違いないだろう。

画像は『Ariana Grande 2017年4月24日付Instagram』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー)

あなたにおすすめ