これがフェードアウトの理由? 彼が恋から逃げた本音とは




順調に進んでいたのにいきなりメッセージを返信しなくなるなど、理由もなく遠ざかってしまった彼。私が悪いこと言っちゃったのかな? と悩んでしまいますよね。実は、女性に原因があるのではなく男性の勝手である都合が多いようです。

フェードアウト男子の本音とは?

1. 今後の可能性を残しておける

付き合うのか別れるのか。女性なら、相手との関係を白黒ハッキリさせたいものですよね。たとえ喧嘩でバッサリと別れてもその方がスッキリします。
反対に、男性特有の考え方として「グレーな状態にしておいたら、また戻れるかも」という少々ずるい気持ちがあります。一度好きになった女の子を簡単に嫌いになることはないのが男性です。
デートが面倒・仕事が忙しい・他にちょっと気になる子がいる……などと別のことに気が向いているけれど、いつか何事もなかったように戻りたい。ずるいですが、そんな可能性を残しておきたい時にフェードアウトしがち。

2. 女性に恨まれたくない



男性は、一度仲良くなった女性からはずっと好かれていたいと思うもの。女性と喧嘩すると嫌われて恨まれるかもしれないと心配になります。このまま付き合うのは面倒だけど、好きでいさせたい。自分は悪者になりたくないという気持ちが強くなってしまうのですね。
また、喧嘩や話し合いによって自分の評価が下がることは避けたいようです。その気持ちはわかりますが、曖昧な態度や音信不通の方が女性にとってはキツイもの。フェードアウトする性格自体がよっぽど嫌われるということを男性にも知ってもらいたいですね。

3. 男としてかっこ悪い理由がある

カップルになる直前、そろそろ付き合うのかな? というタイミングで徐々に距離を置かれてしまった、という場合もあるでしょう。
そんな時は「付き合う可能性が高まっている」からこそ逃げてしまっています。仲良くなるまでは何も考えず一直線に進むことができますが、いざ付き合うイメージが見えてくるとだんだん怖くなる男性も少なからずいます。
例えば、実は女性慣れしておらず男女関係が苦手、体にコンプレックスがあるなど。または、金欠状態でデート費用が心配、仕事を辞めて経済的にツラいなど。このままお付き合いすると、男としてかっこ悪いところを見せるかもしれないという不安がフェードアウトに進ませてしまうようです。

4. 嘘がバレそうなので逃げている



かなり重要な部分であなたに嘘をついていた場合。それがバレそうになって、距離を置くということもよくあります。彼女のことは大好きだけれど、姿を消すしかないという状態ですね。
かなり最悪の事態ですが、例えば、実は既婚者だった・本命の彼女がいる・職業に嘘があった・年齢を偽っていたなど。バレてしまうと、恨まれるどころか問題になりそうな内容であると、自然消滅に見せかけて離れている場合も! 信じられないことですが、こんなパターンもあることをお忘れなく。

あなたにおすすめ