寺島進主演ドラマ『駐在刑事』 黒木瞳、笛木優子らキャストの続投決定

クランクイン!

2018/9/12 18:00

 俳優の寺島進が、地上波連続ドラマ初主演を務める10月スタートのドラマ『駐在刑事』(テレビ東京系/毎週金曜20時)に、女優の黒木瞳らが出演することが分かった。スペシャルドラマ版にも出演していた黒木は「寺島さんから『よろしくね!』とメールがありました(笑)すごく熱意を感じましたね。また“チーム駐在刑事”で団結していきたいと思います!」と意気込んでいる。

【写真】「黒木瞳」フォトギャラリー

本作は、かつては警視庁捜査一課の敏腕刑事で、今は奥多摩の人々に“駐在さん”として親しまれている江波敦史(寺島)の活躍を描く。黒木は、2017年10月に放送されたスペシャルドラマで警視庁捜査二課の理事官として強烈な印象を残し、今回から奥多摩署の署長となった緒方綾乃役を再び演じる。黒木は「前回のスペシャルドラマを楽しくやらせていただいて、どういう風な形で作品に絡んでいけるのか楽しみにしていたんですけど、まさか奥多摩署の署長として登場するとは思ってもなかったです」とコメント。

また黒木は「綾乃は(寺島さん演じる)江波と対立する役柄なのでそこは今後確執が雪解けるのかもしれないですし、そうでないかもしれないですし。もしかしたら恋に落ちたりするかもしれませんね(笑)」と話している。

そのほか、これまでのシリーズに登場してきた北村有起哉、市毛良枝、笛木優子、鈴之助の出演も決定。寺島演じる江波の天敵、警視庁捜査一課の管理官・加倉井国広に扮する北村は「これまでと同じ制作チームでお祭りのような明るい現場なので、そのままの勢いで突っ走っていきたいなと思います!」と元気よくコメント。奥多摩の水根旅館の女将に扮する市毛は「連ドラ化決定を聞いて『まさに!』『ついに!』『やったね!』と皆で大喜びでした」と歓喜の声をあげている。

また、山岳ガイドのかたわらお休み処を切り盛りする内田遼子役の笛木は「撮影で大自然の中にいられることも嬉しいですし、豪華な先輩キャストの方々とご一緒できることも嬉しいですし、いろんな伏線や新たなストーリーが生まれて、パワーアップして面白くなるんじゃないかな」と期待を込めている。

ドラマ『駐在刑事』はテレビ東京系にて、10月19日より毎週金曜20時放送(初回2時間スペシャル)。

あなたにおすすめ