ライバルを見据えた「ハリアー」のクールな特別仕様車が登場

IGNITE

2018/9/12 18:00


高級クロスオーバーの先駆けともいえる「ハリアー」。現行モデルは2013年に国内専用車としてリスタートを切り、2017年のマイナーチェンジやスポーティ仕様「GR」の導入などを経て、現在まで根強い人気を誇っている。



人気たる所以はプロダクトとしての優秀さや強固なディーラー網も大きいが、機を見た販売促進策も効果を発揮している。9月3日に投入された特別仕様車も、好調に推移している新型フォレスターや8月31日にデビューした新型CR-Vといったライバルを見据えた一手だろう。

今回の特別仕様車「ハリアー PROGRESS “スタイル BLUEISH(ブルーイッシュ)”」ならびに「ハリアー PROGRESS “メタルandレザーパッケージ スタイル BLUEISH”」は、最上級グレードの「PROGRESS」をベースに、ブルーのアクセントが映えるクールな内装が特徴となるモデルだ。



その内装には、特別に設定されたブラック×ブルーのシート表皮をはじめ、シフトパネルやドアスイッチベースにブルー木目(またはアルミヘアライン加飾)を採用。また、ブルーのステッチをシート表皮や本革巻きステアリングホイール、インパネ、ドアトリムなどの随所に施している。



クールな内装に合わせ、外装にはブラック塗装に切削光輝を施した専用18インチアルミホイールを特別装備するとともに、スモーク調メッキ加飾(ターボ車はブラック加飾)ヘッドランプエクステンション、漆黒メッキのフードモールやサイドプロテクションモールを採用し、力強さを際立たせている。



この特別仕様車をガソリン・ターボ・ハイブリッドという豊富なパワートレーンすべてに用意できる点も、トヨタの強みと言えよう。



ボディカラーは、スパークリングブラックパールクリスタルシャイン(オプション)と特別設定色ブラックマイカの2色が設定された。

■グレードおよび価格
ハリアー PROGRESS “スタイル BLUEISH”
ガソリン車=381万0,240円(FF)/400万4,640円(4WD)
ターボ車=408万0,240円(FF)/427万4,640円(4WD)
ハイブリッド車=463万4,280円(4WD)

ハリアー PROGRESS “メタルandレザーパッケージ スタイル BLUEISH”
ガソリン車=416万0,160円(FF)/435万4,560円(4WD)
ターボ車=441万0,720円(FF)/460万5,120円(4WD)
ハイブリッド車=498万4,200円(4WD)

(zlatan)

画像元:トヨタ自動車

あなたにおすすめ