今さらマイアヒ!?あの平成最大の空耳ソングが再び注目

dwango.jp news

2018/9/12 18:17


2005年「マイアヒ~、マイヤホ~、ノマノマイェイ!」と何語かわからないけど、空耳ワードがたくさん散りばめられ、妙に心地の良いまったりとしたメロディとあいまって、思わず口ずさんだり、脳内リピートしまくった人も多かった大ヒットO-ZONEの『恋のマイアヒ』。

そのO-ZONE(オゾン)の中心メンバーだったDAN BALAN(ダン・バラン)が『恋のマイアヒ』発売から15年という節目の年にアニバーサリー“マイアヒ”を発売する。(初リリースは2003年)



『恋のマイアヒ2018 ~ノマノマ・ダンス』として9月12日(日本時間12日17時)より全世界でリリースされるこの曲は、おなじみの「マイアヒ~、マイヤホ~、ノマノマイェイ!」のサビはそのままで、新たにノリノリのRAPが入り、イマドキのトラックに仕上がっている。

Music Videoではウガンダの子供達の天使のような笑顔と驚異的なダンスが特徴で、思わず何度も見返してしまう内容。

オリジナルは空耳と同時にパラパラのダンスも人気で年末のカラオケや宴会、クラブ等で大きな盛り上がりを見せたが、今回もかなりのパーティー・チューンで注目されそうな勢い。また動画共有アプリ「TIK TOK」では『恋のマイアヒ』に合わせて変顔をする若者も出現。ヒットから約15年経った今でも注目されている。

さらにダン・バランは9月17日(月・祝)、テレビ朝日にて放送される『MUSIC STATION ウルトラFES 2018』出演が決定。13年振りに『恋のマイアヒ』を披露する予定で、あの当時を知る人から、SNS世代のティーンまでもざわつく予感だ。

あなたにおすすめ