目標は米倉涼子!岡田結実、宮本茉由、玉田志織が女優宣言

テレビドガッチ

2018/9/12 17:00

「オスカープロモーション2018女優宣言お披露目発表会」が9月12日(水)、都内ホテルにて行なわれ、岡田結実、宮本茉由、玉田志織、特別ゲストとして菊川怜、河北麻友子、田中道子が出席。10月にスタートする木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系)への出演が決まっている宮本は、目標だという米倉涼子との共演に「現場でいろいろなことを吸収したい」と目を輝かせながら語っていた。

これまで米倉涼子や菊川怜、上戸彩などそうそうたるメンバーを輩出してきた「女優宣言お披露目会」。今年選ばれたのは、バラエティ番組やモデルとして活躍中の岡田、第1回ミス美しい20代コンテスト審査員特別賞を受賞し、雑誌「CanCam」専属モデルを務める宮本、そして第15回全日本国民的美少女コンテスト審査員特別賞受賞の玉田という3人。

岡田は、事務所に入りたての2年前「女優宣言」を檀下で見ていて「いつかこの舞台に立ちたい」と思っていたことを明かし、「周りへの感謝を忘れず、人としても輝ける女優さんになりたい」と抱負を語る。宮本も「映画やドラマを見ている人が、本当にその世界に入れるようなナチュラルな演技ができる女優さんになりたい」と目標を掲げ、「人間的には初心を忘れず、自分がここにいられるのはなぜかを考えながら、お仕事に挑戦していきたいです」と意気込んだ。

玉田は、幼稚園のころからテレビを見ていて女優になりたいという夢を持っていたことを打ち明けると、「いまこの場所に立っていることが信じられない。まだまだ未熟者ですが、これからたくさん努力して素敵な女優さんになれればいいなと思っています」と笑顔を見せた。

目標にしている女優を問われた岡田は、『静おばあちゃんにおまかせ』(テレビ朝日系)で共演した大女優・草笛光子の名をあげる「チャーミングでありつつ凛としている。生の演技と画面を通してみる演技が違う。私が語るなんておこがましいですが、目標にしています」と回答。玉田は、宮本同様、米倉を目標にあげ、さらに「渡辺直美さんにも憧れています。役から離れても現場を盛り上げたり、太陽のような方」と目を輝かせながら語っていた。

初々しい表情で女優としての夢や抱負を語る3人に、菊川は「新しい門出となるこの場に立ち会えたことが嬉しい」と満面の笑みを見せると、河北は「私は女優宣言もしていないですし、女優としては『?』かもしれませんが、皆さんを見守ります!」と発言し、周囲を和ませていた。

また、モデルから女優へと活躍の場を広げている田中は、同じくモデルとして活動している宮本に対して「転職したのかと思うぐらい仕事内容が違う。女優の仕事は瞬発力が求められ、最初は戸惑うことが多く泣いてしまう日もありましたが、作品を重ねるごとに、日々成長していると感じることができました」と自身の経験を語ると、「モデルの仕事もきっと女優業にいかされるので、頑張ってほしい」とエールを送っていた。

あなたにおすすめ