「ここは退屈迎えに来て」橋本愛の制服姿がまぶしい

dwango.jp news

2018/9/12 17:16


「R‐18文学賞」読者賞受賞し 2012年に小説が発売されるや紀伊國屋書店スタッフによる「キノベス!2013」にランクインし、詩的なタイトルが印象的な山内マリコの処女小説「ここは退屈迎えに来て」がついに映画化。10月19日(金)より全国公開となる。

この度、9月27日から、カナダのバンクーバーにて開催される第37回バンクーバー国際映画祭のゲートウェイ部門に正式出品されることが決定。それに併せて場面写真も解禁となった。

本作は、2004年の高校時代から 2013年の現在まで、みんなの憧れの的だった「椎名くん」を柱にキャラクターを交差させながら描く、痛く切ない群像劇。主人公「私」を演じるのは、その透明感のある演技で高く評価される女優・橋本愛。元彼「椎名くん」を忘れられない「あたし」には、体当たりの演技で注目を浴びている若手実力派女優・門脇麦。そしてみんなのあこがれの的だった「椎名くん」を、独特の色気と存在感を放つ人気急上昇俳優・成田凌が演じている他、渡辺大知、岸井ゆきの、内田理央、柳ゆり菜、村上淳ら、出演作が後を絶たない実力派俳優陣が脇を固めている。

監督はこれまで本格派ヒューマンドラマから恋愛モノまで、数々の作品で登場人物の繊細な心の機微を紡ぎ出してきた名匠・廣木隆一監督が、メガホンをとった。

出品が決定したバンクーバー国際映画祭は、設立当初から東アジアの作品を紹介する部門「ドラゴン&タイガー」を設け、ポン・ジュノ監督の初期作品の上映や、三池崇史監督の「オーディション」のワールドプレミアを成功させるなど、これまでに数多くのアジア人監督を輩出してきた実績を持つ映画祭だ。

今回の出品に際し、廣木監督は、「何者でもない自分を共有出来る映画だと思います。久々のバンクーバーでどんな反応かまた皆さんと出会えるのも楽しみです」と喜びのコメントを寄せている。さらに、10月9日、10日には、橋本愛、廣木隆一監督が登壇する舞台挨拶の実施も予定している。

また、併せて解禁となった場面写真では、橋本愛演じる「私」と柳ゆり菜演じる、親友「サツキ」にとって、特別な1日として思い出に残っている、憧れの「椎名くん」たちにゲームセンターに誘われ、ワクワクする気持ちが隠せない、初々しい表情の2人のカット。そして、もう一枚では、制服姿がまぶしい「私」が、水しぶきを上げながらプールで全力ではしゃぐ、瑞々しい青春の1ページが映し出され、誰もがあの頃を思い出し、胸が締め付けられるシーンが満載となっている。そんな痛く切ない群像劇に是非ご期待いただきたい。

<廣木隆一監督 コメント全文>
誰もが通る時間、通った時間。自分は何者でもない時間。そんな悲しく煩わしく素敵な時間を一緒に体現できる映画だと思います。何者でもない自分を共有出来る映画だと思います。久々のバンクーバーでどんな反応かまた皆さんと出会えるのも楽しみです。

■映画情報「ここは退屈迎えに来て」
出演:橋本愛 門脇麦 成田凌 / 渡辺大知 岸井ゆきの 内田理央 柳ゆり菜 亀田侑樹 瀧内公美 片山友希 木崎絹子 / マキタスポーツ 村上淳
原作:山内マリコ「ここは退屈迎えに来て」幻冬舎文庫
監督:廣木隆一
脚本:櫻井 智也
制作プロダクション:ダブ
(C)2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会
配給:KADOKAWA

あなたにおすすめ