安室奈美恵 歌手の安室は完結「ステージに戻ってくることない」

 今月16日で引退する歌手の安室奈美恵(40)が12日、NHKあさイチ」(月~金曜前8・15)に出演。番組のインタビューに応じ、今の心境やファンへの思いなどを語った。

 今の率直な気持ちを問われると「あっという間ではあったんですけど、自分の気持ちを(ファンに)伝えることもしたし、きちんと完結したものをこの1年間はしっかりやってきたので、あとはみんなで楽しんで16日を迎えるだけだなっていう感じがします」と話し、引退当日の16日は「たぶん沖縄にいると思う」とした。

 さまざまな企業の安室ファンが感謝の気持ちを伝えるために共同企画したテレビCMの一環として、全国30カ所以上でファンのメッセージを集めるイベントが行われた。集まったメッセージを見た安室は、涙をこぼし「涙もろくはなってる感じはします」「あまりファンの皆さんの声を聞く機会ってないので、この1年は特にそういう場面が多かったので、純粋に単純にうれしいなっていう感じです」と話した。

 20歳で結婚、出産のため1年間の活動休止をした頃を振り返り「1年って長いなって思った瞬間に焦りっていうのが押し寄せてきて、自分のポジションって何だろうって考えたりとか、冷静に安室奈美恵は今後どうしたらいいかなっていうのをちょっとずつ考え始めた時期だったかな」と回顧。その後の20年間はコンサートを中心に活動。ファンと直にふれあい、一緒に作り上げるコンサートが大切な居場所となっていったという。「ライブは毎年楽しみ。自分自身も楽しみだし、ファンの皆さんと会える唯一の場所」と位置づけていた。

 今までできなかったやってみたいことを聞かれると「考えたんですけど、なかなか思いつかない。あまり趣味もなかったので、これから趣味探しを」と笑顔をみせた。

 今後について「私の中では、25周年で歌手の安室奈美恵は完結しているので、私がステージに戻ってくることはないです」とし、「きっとファンの皆さんは、それぞれの過ごし方を1年を通して考えてくださっていると思うので、(自分の楽曲だけじゃなく)音楽をもっともっと好きになって下さったらうれしい。音楽を楽しんでほしい」とファンへの思いを口にした。

 「たくさんお世話になりました。ありがとうございました」最後はこらえきれずにあふれる涙を抑えながら、感謝の言葉で締めくくった。

あなたにおすすめ