まるで医療版『北斗の拳』! ハイテンションすぎる医師マンガ『スーパードクターK』

日刊サイゾー

2018/9/12 17:00


 今も昔も医療マンガの頂点といえば『ブラック・ジャック』ですが、近年の医療マンガのトレンドは、いかにリアルな医療現場を描くかになってきていますね。『コウノドリ』『ブラックジャックによろしく』『Dr.コトー診療所』『医龍』などなど、ひとたび人気が出れば実写ドラマ化されることが多いのも医療マンガの特徴です。

しかし、そんなリアル志向やドラマ化トレンドにはまったく背を向けるように、ダークかつハードボイルドでバイオレント、まるで『北斗の拳』と『ブラック・ジャック』を足して2で割ったような世界観の医療マンガが存在します。その名も『スーパードクターK』。これほどまでにスーパーなドクターが出てくる作品は後にも先にも存在しないといえる、レジェンド医療マンガです。

本作は1988年から1996年まで、「週刊少年マガジン」(講談社)で連載されていました。単行本は44巻まで出ており、さらに続編として『Doctor K』や現在も連載中の『K2』というタイトルもあるほど、息の長いシリーズですが、その人気の秘密は、いろんな意味で医師マンガの常識を覆したブッ飛び設定にあるといえます。

■ケンシロウ✕ブラック・ジャックな主人公「K」


 主人公「K」こと「KAZUYA(カズヤ)」は、医師のくせに本名が不明。ビジュアル系バンドのメンバーのような名乗りも斬新ですが、ケンシロウのような肉体と、ブラック・ジャックの持つダークさを掛け合わせたような雰囲気を持っており、まさにマンガ界における夢のコラボといえます。

Kのキャッチフレーズは「野獣の肉体に天才の頭脳、そして神技のメスを持つ男」。メスさばきが神技のドクターが出てくるマンガはほかにもありますが、野獣の肉体まで持ち合わせているドクターは、たぶんほかにいないのではないでしょうか。実際、オペを邪魔する10~20人ぐらいの暴漢を1人でブチのめすシーンがあり、物理的な意味でも医学界最強の男といえます。

■出自が闇すぎる


 Kの正体は、作品を追うごとに少しずつ明らかになってくるものの、基本的にはベールに包まれています。本名がわからない時点で医師として十分怪しいんですけど、ファッションがまたすごい。ロングマントに革パン・革ブーツというハードなスタイルが基本。『北斗の拳』の世界ではこの手のキャラクターは普通ですが、医学界ではかなりの異端児といえます。

医学の最高権威、帝都大学を首席で卒業。不世出の天才医師と呼ばれながらも、ある日忽然と姿を消したK。以降は決して表舞台には出てくることのない幻のフリーランス医師となるのですが、その理由もまたすごい。

Kの一族は天才医師の家系ですが、代々伝えられている医療技術がすごすぎて、時の権力者が不老不死にしろとか言ってくるので、汚い人間たちの手から逃れるため、さすらいの旅を続けながら治療しているのです。

■人命最優先! 法を犯してでも治療するスーパードクター


 本作は、1エピソード完結型で患者を救っていくスタイル。ほかの医師が見離したような病状や大ケガの患者の前にどこからともなく現れ、普通の医師なら10時間かかるようなオペを3時間で終わらせてしまう超絶メスさばきでバンバン患者を治します。しかも、治療費は無償の完全ボランティア! ただし、関わった患者は絶対救うという信念ゆえ、多少強引なところもあります。

例えば、声が急にかわいくなったことで、売れないアイドルからトップアイドルに上り詰めた中島ナオミ。Kはその声変わりを、喉に悪性ポリープができたせいだと見抜きます。手術をしなければ死んでしまいますが、ナオミは声が変わるくらいなら死んでもいいと手術を拒否。

ゴネているナオミに、突然腹パンをかますK。ナオミが気絶しているスキに手術を敢行。無事、悪性ポリープを除去しただけでなく、シリコンで作ったまったく同じ形の人工ポリープを埋め込んであげるという大サービスぶり。まさにスーパードクター。やってることが犯罪スレスレなのもスーパーです。

ほかにも似たようなパターンがいくつかあり、あがり症のため売れない俳優・末松が、脳動静脈奇形によって性格が変わり、鬼気迫る演技のできる悪役として売れ始めますが、やはり手術をしなければ死んでしまいます。しかし、演技力が落ちることを恐れて手術を拒否。そこでコーヒーに睡眠薬を入れ、眠っているスキにKが超スピードで手術をする……みたいなエピソードもあります。

■スーパードクターにしかできない、奇跡の医療の数々


 常人には発想できないびっくりオペで命を救うのも、本作の魅力です。倒壊したビルに取り残された母子。しかも、母親の腹にはガレキが刺さっており、即手術が必要な状況。その場に居合わせたKは、地面に転がっていた焼酎を使って消毒したり、裁縫道具やヘアピンを駆使してオペを開始するのですが、Kの頭上にも巨大ながれきが落下。Kの両手が使えない状況に陥ります。

そこでなんと、そばで泣いていた息子にオペをするよう指示。「いま両手が使えるのはお前だけだ、お前がやれ」「ヒィーン!!できないよォ」こんな会話をしつつも、結局息子が母親の内臓を掻っかき回すという前代未聞のオペが敢行されます。さすがスーパードクター、むちゃ振りもスーパーです。

さらに、次に紹介するエピソードは、本作でも最大級のスケール。国際的プリマドンナの治療のために旧ソ連に向かったKですが、患者の腹部側と背中側から同時にメスを入れなければ手術は不可能と判断。普通の医師ならそこであきらめてしまうところですが、Kは違いました! Kが思いついたのは、なんと無重力空間で体を浮かせながらの手術。

Kの持つ国際的な人脈を駆使して、スペースシャトルに乗り込み、大気圏を突破したのち、宇宙空間の無重力状態で手術を開始します。どうですか!? このスケール感。これこそがスーパードクターです。

■ライバルもかなり狂ってる


 Kの存在を疎ましく思う、ライバル医師たちも多数登場しますが、どいつもこいつも狂っています。

まずは、一番登場回数の多い、Kのライバルキャラ「ドクターT」こと「TETSU(テツ)」。この男は、体の痛みを感じない冷徹サイボーグ兵士を作るため、神経を焼き切るコールドトミー手術を敢行したり、予防接種だと偽ってKにペスト菌りの注射をしたりと、『北斗の拳』のアミバのように医療知識を悪用してKを苦しめます。

その上を行くデンジャラスな医師が「TETSU」の実兄、真田武志。Kとその仲間を陥れるため、がん発生装置を作って街中の人々をがんにさせたりと、やってることは完全にテロリスト。

こういったライバルを倒すだけでなく、闇の臓器売買シンジゲートを壊滅させたり、メスで襲ってきた刺客を退治したと、とにかく大忙しなのです。えっ、完全に医師の業務を超えてるって? だからスーパードクターなんです。

そのほかにも、高校野球のエースが実は女の子だったことがバレて出場停止の危機に陥ったため、1日限定で性転換させてしまう手術をするとか、インドに渡って心霊治療を解明したりとか、飲尿療法が出てきたりとか、長期連載作品なのでナンジャコリャな話もたくさんありますが、どの話ももれなくハイテンションで、他の医療マンガと一線を画した存在なのです。

最後にスーパードクターKを象徴するような、超カッコいい決めゼリフをご紹介しましょう。

「俺は医師だ!!人間を治す医師だ! 人の生き血をすするケダモノ以下のクズ共は…オレの専門外だ!!」

(文=「BLACK徒然草」管理人 じゃまおくん <http://ablackleaf.com/>)

◆「ザオリク的マンガ読み」過去記事はこちらから

あなたにおすすめ