岡田将生、落語は「自分との戦い」 師匠に褒められ「好きになってきた」


俳優の岡田将生が12日、都内スタジオで行われた主演を務めるNHKドラマ10『昭和元禄落語心中』(10月12日スタート、毎週金曜22:00~22:44)の取材会に出席した。

同作は累計190万部を突破し、若者たちを中心に落語ブームを巻き起こしている雲田はるこの同名漫画が原作。戦争時代の落語家たちの生き様や芸の絆に結ばれた若者たちの友情、師弟や男女の人間模様を描く。

主人公の八雲(菊比古)を演じる岡田は「落語は本当に難しくて、4月くらいから少しずつ稽古を始めて、喬太郎師匠(落語監修の柳家喬太郎)に少しずつなんですが『上手になってきた』と言ってくださるたびに落語を好きになってきて、菊比古と共に落語を歩んでいるような感じです」と落語への思いを語り、「暑い中、着物を着て大変なんですが、良いドラマを作ろうと思ってやっています」と力を込めた。

また、落語のイメージを聞かれると「孤高な感じ」と答え、「1人で高座に立つと、自分だけでどう見せていくか、どう話を作っていくか、自分でストーリー構成もできるしキャラクター設定もできるので、自分自身で監督して演出もつけている感じ」と説明。「自分との戦いというのがあって、菊比古も落語のために生きていて、落語と心中しようとして、だけど何かにすがっていなきゃいけないというのが落語でもある。そういう気持ちで、突き詰めていくという意味で、落語をやらせていただいてます」と語った。

昭和初期、落語の世界に入った八雲(岡田)は、同期入門の落語の天才・助六(山崎育三郎)と、固い友情で結ばれる。八雲は助六の芸に憧れ、嫉妬し、追いつこうともがき、芸者・みよ吉にも支えられ、成長していく。やがて、助六とみよ吉(大政絢)とが結ばれるが、ふたりは謎に満ちた事故死を遂げてしまう。八雲はその死を巡る秘密を抱いたまま、ふたりの遺児・小夏(成海璃子)を引き取る。小夏は、八雲を「親の仇」と恨んで成長し、やがて天衣無縫な八雲の弟子・与太郎(竜星涼)とともに、八雲がひた隠す「助六とみよ吉の死の真相」に迫っていく……。

取材会には岡田のほか、竜星涼、山崎育三郎、大政絢、篠井英介、平田満が出席した。

あなたにおすすめ