『くるみ割り人形と秘密の王国』徹底解説! 超一流スタッフ&豪華キャストのディズニー流「くるみ割り人形」の世界

ウレぴあ総研

2018/9/12 15:00

不朽の名作バレエ作品「くるみ割り人形」が、ディズニーによって実写映画化!

2018年11月30日(金)に日本公開される、映画『くるみ割り人形と秘密の王国』の日本版特報が、ついに公開されました。

また、主人公クララをはじめとする、主要キャラクターが勢ぞろいした、ポスター第二弾も同時解禁され、謎に包まれた「くるみ割り人形」の世界が、徐々に明らかに…!

■ディズニー流「くるみ割り人形」の煌びやかな世界観

「くるみ割り人形」は、クリスマス・イブの夜のお話。

愛する母を亡くし、心を閉ざした主人公クララが、糸をたどって行くと、雪に覆われた不思議な世界に迷い込みます。

そこは、“花の国”、“雪の国”、“お菓子の国”、“第4の国”からなる、誰も知らない「秘密の王国」でした——

■華やかで色彩豊かな「秘密の王国」

今回解禁された特報では、「秘密の王国」の一部が、初お披露目。

ロシアの歴史的建築を思い起こさせる、煌びやかで重厚な宮殿や、キャンディーで作られた世界を美しいバレエダンサーが彩る、お菓子の国。

そして、荒廃した遊園地のような、不気味な風景も見受けられます。

実はこの不気味な世界は、王国を覆し反乱を起こそうと企む、“第4の国”。

それぞれ全く異なった色彩で描かれる、4つの国の世界観は、必見です。

■キャスト集結! 豪華絢爛な新ポスター

同時解禁された第二弾ポスターでは、主人公クララを始めとする、主要キャラクターが勢ぞろい。

豪華な出演者の顔ぶれに加え、おもちゃの兵隊が並ぶ宮殿を中心に、全く異なった色彩で“花の国”、“雪の国”、“お菓子の国”、“第4の国”が描かれています。

4つの国の色彩の豊かさが表現された、見事なデザインの新ポスター。

クララに向けられた「見た目に惑わされるな」という、その言葉が意味するものとは…?

■超一流のスタッフが結集して贈る、究極のプレミアム・ファンタジー

実写『美女と野獣』の超一流スタッフを中心とした、豪華すぎるキャストと制作陣も、見逃せません。

くるみ割り人形に導かれ、王国を旅する主人公クララ役に抜擢されたのは、まばゆいばかりの可憐な美少女、マッケンジー・フォイ。

さらに、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズで知られるキーラ・ナイトレイや、アカデミー賞®俳優モーガン・フリーマンやヘレン・ミレンら、豪華キャストが結集。

バレエ界からも、名門アメリカン・バレエ・シアターで、黒人女性として初のプリンシパル昇格を果たした、ミスティ・コープランドと、セルゲイ・ポルーニンという、今を時めく超一流ダンサーたちの共演が実現。

彼女らが本作に加える、バレエのエッセンスにも注目です。

■全編を彩る、不朽の名曲の数々

特報映像でも使用されている「こんぺい糖の精の踊り」を始めとする、チャイコフスキーの永遠の名曲の数々が全編を彩る本作。

コーヒーの精や、チョコレートの精など、他の妖精の楽曲も、聴けるかもしれません。

2005年 東京ディズニーシーのクリスマスショー「ミニーのナットクラッカー」や、ディズニー映画『ファンタジア』でも使用されていた、不朽の名曲の数々。

『くるみ割り人形と秘密の王国』では、どんなアレンジで使用されるのか、こちらも注目したいです。

■壮大なスケールで描かれる、美しすぎる映像世界は必見!

豪華で美しい世界と華やかな衣裳、そしてチャイコフスキーの不朽の名曲に彩られた、ディズニーならではの「くるみ割り人形」の世界。

“究極のプレミアム・ファンタジー”が、見るもの全てを、贅を極めた絢爛たる別世界へと、いざないます!

『くるみ割り人形と秘密の王国』

2018年11月30日(金)日本公開

あなたにおすすめ