暴走車に警官が7発発砲し、運転の男に命中 「発砲は当然」「警察見直した」と称賛相次ぐ

しらべぇ

2018/9/12 14:00


(Colin Anderson/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

12日未明、大阪市生野区の路上で、職務質問を振り切り逃走しようとした不審車両2台に警察官が発砲。うち2発が運転していた男の肩などに当たり、男が現行犯逮捕されるという事件が発生。

男は重傷だが命に別条はないといい、もう1台の運転手は逃走中とのことだ。

■銃弾は、肩と左足に命中


午前3時10分ごろ、警官が停車中の不審な車に職務質問しようとしたところ逃走したため、巡回中のパトカーが追跡。その最中に、後に逮捕されることとなった男が運転する車が割り込み、妨害してきたという。

2台は袋小路に追い込まれた後、バックでパトカーにぶつけて逃げようとし、降車していた警察官にも向かってきたため、警告の上発砲したとのこと。逮捕された男の車に巡査部長(27)が2発撃ち、肩と左足に命中。

もう1台には巡査長(27)が5発発砲。弾が当たったかは不明だ。この車に乗っていた20代前後の男は、徒歩で逃走。パトカーは大きく壊れ、巡査長も負傷した。 

■「発砲は当然」との声相次ぐ


この事件にネットは、「発砲は当然」「当たり前」などと、発砲の正当性を主張する意見が相次いでいる。

・職質に無視して振り切って、挙句、バックで警察官ひこうとしてるんだから、ここで撃たずにいつ撃つんだって感じ

・よくやったと言いたい。日本の警察官は撃たないと思われてるから、正しい場面では発砲するということを全国の悪い奴らに知らしめる良い事例になった

・状況的に発砲は当然だと思うんだけど、これ批判する人いるの? 批判する理由なくない?

・日本の警察は何のために拳銃携帯してるのかわからないと思っていたが、きちんと正しく使われているようで良かった

■「警察見直した」と称賛の声も


また近頃、富田林署脱走事件や警察官による痴漢、わいせつ事件が相次いでいることを受け、ネットでは「見直した」「安心した」などとの声が多数あがっている。

・最近、警察の不祥事が相次いでいるから、こういうニュース見るとちゃんと仕事してくれてるんだなと安心する

・もう警察は信用しないと思ってたけど、今回ので見直した

・日頃の訓練の賜物。よくやったと言いたい

今回の事件、巡査長が負傷したものの、大事に至らなかったのが何より幸いだ。逃走中の犯人が、いち早く捕まることを願いたい。

・合わせて読みたい→富山・男が警察官から拳銃を奪い発砲 2人死亡の事態に「怖すぎる」と戦慄

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

あなたにおすすめ