佐藤健「チューとかしたいほうっすから!」 アホかわプロポーズに涙の『義母と娘』

しらべぇ

2018/9/12 13:30


(『義母と娘のブルース』)

綾瀬はるか演じる敏腕の元・キャリアウーマンが、形はいいが味がイマイチなパン屋の経営を立て直し、義母として成長していく『義母と娘のブルース』(TBS系)の第9話が11日に放送された。

亜希子(綾瀬)の策略により、リニューアルオープンした「ベーカリー麦田」。一方で、仕事ができる亜希子に想いを寄せる店長・麦田(佐藤健)の、恋の行方が話題になった。

■「ベーカリー麦田」リニューアルオープン


「ベーカリー麦田」はリニューアルオープンを果たすと、亜希子の獅子奮迅の活躍もあって大成功におさめ、テレビ番組で取り上げられるまでになっていく。

そんな中、麦田が苦楽を共にしてきた亜希子に恋心を抱いていると気づいたみゆき(上白石萌歌)。麦田はプロポーズをするのだが、亜希子にはまったく伝わっておらず、空回りするばかり。

そこで麦田は亜希子を夕食に誘い、居酒屋に行くことに。

■明らかになる真実


ここで麦田の経歴が話題になり、それが今まで亜希子たちの周りで起こった、数々の「小さな奇跡」と繋がっていたことが発覚。しかも、麦田がパン屋を継ぐことを決心したキッカケも、亜希子とみゆき親子だった。そして、その日の帰り道、麦田は勇気を振り絞って亜希子にプロポーズする。

そんなふたりを心配して帰りを待っていたみゆきと大樹(井之脇海)。そこに麦田が帰ってくると、ふたりに対して笑顔で親指を立てるのだった。

■伏線回収でスッキリ


みゆきの父・良一(竹野内豊)が生きていたころ、ちょくちょく登場していたものの本編と何の関連があるのか読めなかった麦田の存在。

しかし、この日の放送ではその伏線が見事に回収され、スッキリした視聴者が多かった模様だ。






■アホかわいいプロポーズが話題に


そして、麦田の愛のプロポーズが話題に。男らしさと麦田のアホっぽさが絶妙に混じった絶叫告白に、ツッコミを入れながらも、感極まってしまう視聴者が続出。







言い間違いもあったものの、そのプロポーズは「今季で一番のプロポーズ」とTL上で話題になった。

■回想シーンに涙


麦田の男らしいプロポーズにさらに追い打ちをかけたのが亡き・良一の回想シーン。今までの数々の奇跡を思い出し、「良一が恋しい」と最終回目前にしてロスが再発してしまう人も多かった。







登場しなくなってからすでに数週間経過しているが、今でも視聴者の心の中に残り続ける良一。改めて彼の存在を思い知らされたシーンであった。

■最終回を前にすでにロス


毎週新鮮な感動を届けてくれる本作も、いよいよ次週が最終回。「終わらないでほしい」と放送直後から惜しむ声がTL上で溢れている。

次回、奇跡の家族の物語がどのような結末を迎えるのか――。

《これまでに配信した『義母と娘のブルース』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→佐藤健、『半分、青い。』の裏でイキイキ? ナルシスト演技も賞賛の『義母と娘』

(文/しらべぇドラマ班・卯月 イラスト/みかごろう

あなたにおすすめ