カレー屋なのに“ローストビーフ”が美味しすぎる「富士山型カレー」って?

TOKYO FM+

2018/9/12 12:40

東京に住む人たちの声を聴きながら、パーソナリティの堀内貴之が今を切り取るテーマをリスナーと共に考えていくラジオプログラム、TOKYO FM「シンクロのシティ」。番組内のコーナー「東京地元めし」では「東京にある隠れた名店」をご紹介しています。といっても単なる名店ではありません。ここでご紹介するのはリスナーのみなさんが推薦してくれた「自分が通っているイチオシのお店」。レポーターの安竜うららが味わいのある名店に伺い、美味しいだけじゃない人気の秘密を探ります。



今回伺ったのは、北千住にある「J’s curry(ジェイズカレー)」。



リスナーの方からこんなメッセージをいただきました。
「友人の写メで見て、そのビジュアルにビックリして連れて行ってもらったお店です。北千住の『J’s curry(ジェイズカレー)』。 カレー屋さんなのに異常なくらいローストビーフが美味しい! 今までで一番美味しいローストビーフでした。 カウンターだけの小さなお店ですが、これからは絶対にヒットすること間違いなし! ローストビーフの上にかかっていた、オリジナルの白いソースが絶品でした。 流行ってしまって行列ができると困るけど、内緒にしておくにはもったいないお店です。番組でぜひ紹介してください」(ラジオネーム:ちびたさん)



U字型カウンターと食券タイプで、おひとりさまでも入りやすい気軽な雰囲気。



今回お話を伺ったのは、オーナーの横矢充彦(よこやみつひこ)さん。「J’s curry」の名物「ジェイズ丼」誕生秘話から、「J’s curry」の未来ついても伺ってきました。

うらら:なんといっても名物のジェイズ丼! こんもりした丘に、ソースやカレーがかかっている、インパクトのある見た目ですね。まずこちらについてお聞きしたいです。

横矢:まず見た目は、雪化粧した富士山をイメージして作っています。「J’s」とはニッポンのカレーという意味。このなかにニッポンのカレーのルーツがすべて入っているんですよ。まず日本を象徴する、富士山。そしてカレーソース。日本で馴染みのある家庭用カレー粉のルーツは、実はイギリスにあり、イギリスの欧風カレーというのがベースにあります。そしてイギリスの代表料理と言えばローストビーフ。雪化粧の下には、たっぷりとローストビーフが巻き付いているんです。

うらら:深い意味があったんですね! この白いソースは何ですか?

横矢:白いソースはポテトのクリームソースです。日本のカレーにはごろごろしたジャガイモが付きもので、イギリスのローストビーフはマッシュポテトが付け合わせですよね。これをミックスしてソースとして成立させ、日本のカレーのルーツをこのなかに詰め込んで、こういう見え方にしました。これがジェイズ丼です! もはやカレーを超えているオリジナル商品なのです。

うらら:見た目がインパクトあるので、今でいうインスタ映えですよね!

横矢:そう思うと思いますが、「J’s curry」はオープンして4年。当時はインスタ映えなんていう言葉すらなかったですから! 狙わずとも、みなさんが投稿しているのを見て知りました(笑)。あくまでコンセプトに忠実に作ったんです。

うらら:発想がすごいんですね~! 横矢さん、もともとはITの仕事をしていたと伺いました。

横矢:Web会社の代表 でした。飲食の世界へは25歳で修業から入りました。純粋に飲食が好きで、商売がやりたい!という思いがずっとあった。最初は簡単にいかず、商売の難しさにすぐ直面しましたが、自分でこの作品をゼロから調理していますから、お客さまのびっくりした、美味しい!という声を聞けるのがすごく嬉しくて。これからもたくさんの方にジェイズ丼を食べてほしいという思いでやっています。

うらら:今後の「J’s curry」としての夢はありますか?

横矢:「ニッポンのカレー」という店名を使わせていただいているので、海外の方にも食べていただきたい! 海外進出を果たしたいです。これからオリン ピックに向けて海外の方がたくさん来ますので、さらに進化したお店づくりをしていきたいと思っています。

今回いただいたのは、名物ジェイズ丼。どこから箸を付けたらいいのやらという美しい見た目ですが、まずライスに巻き付いた柔らかローストビーフをいただき、富士山型のライスの頂上にある半熟卵をくずし、トロ~リほくほくポテトソースと甘口なカレーと一緒にいただきます!

何回も美味しさと楽しさがやってきてくれる豪華な1品。世界へ発信したい新たなニッポンのカレー「J’s curry」、東京地元めしに認定です!

【「J’s curry(ジェイズカレー)」/北千住】
住所:東京都足立区千住3-60-16
電話:03-6806-2641
営業時間:11:30~22:00




安竜うらら(女優・レポーター)

<番組概要>
番組名:シンクロのシティ
放送日時 :毎週月~木曜15:00~16:50
パーソナリティ:堀内貴之、MIO
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/city/

あなたにおすすめ