ポール・マッカートニー、ジョン・レノンとの若気の至りを赤裸々に語る

Billboard JAPAN

2018/9/12 12:40



2018年9月11日に公開された米版GQ10月号の表紙を飾ったポール・マッカートニーが、若かった頃にジョン・レノンと彼の仲間3人とともに同時にマスターベーションをした思い出を巻頭インタビューで語っている。

ポールは、「どういうことかって言うと、ジョンの家にいて、僕たちしかいなかったんだよ。で、ただベロベロに酔っ払って騒ぐだけじゃなくて……その日泊まるつもりだったのかも分からないけれど、みんな椅子に座ってて、電気が消えていて、誰かがマスターベーションし始めたから全員でやったんだよ」と振り返っている。

その間それぞれが有名人の名前を叫びながらやっていたそうで、「“ブリジット・バルドー!”“ウォーッ!”とかみんなで叫びながらみんなでもっとシコるというね。ジョンだったかな、“ウィンストン・チャーチル!”って叫んだのは」とポールは明かしている。

若気の至りについて彼は、「大したことないよ。でも、あまり深く考えないでやってしまうようなことだった。ただのグループだよ。そうだね、今考えると結構卑猥だね。若い頃にやってしまったことで、振り返ると“あんなことやったっけ?”って思うようなことがたくさんある。でも、楽しくて害のないお遊びだよ。誰も傷つけてない。ブリジット・バルドーでさえも(傷つけてない)」と語っている。

このインタビューでポールは、ビートルズ時代のグルーピーとの性体験についても語っており、バンド・メンバーが乱痴気騒ぎをしていたという伝説は事実ではないと否定している。また、子どもの頃はカトリックのトラック運転手になりたかったことや、ザ・ビートルズの頃のレコーディング作業のことなど、様々な話題について語っている。

あなたにおすすめ