香川照之 昆虫愛を熱弁「カマキリに出会って、いい夏だった。セミは少なかったけど」

 俳優の香川照之(52)が12日、都内で「国立科学博物館企画展『昆虫』新種昆虫ネーミングセレモニー」に出席し、熱く“昆虫愛”を語った。

 昆虫好きとして知られ、同展のオフィシャルサポーターを務めている香川は、イベント後の囲み取材で自身の子供時代を振り返り「思春期はカマキリの飼育に勤しんでました」と笑顔。同展のキャッチコピーが「昆活しようぜ!」ということで、今年の夏のプライベートでの出来事について聞かれたが「カマキリに出会ったり、いい夏だった。セミは少なかったけど」と話した。報道陣から「“プライベート”では?」と重ねて聞かれるも「これがプライベートです!」と言い切り、笑いを誘っていた。

 同展では開催に向け、マダガスカルで新種の昆虫・セイボウ(青蜂)を発見。このハチに来場者にちなんだ名前をつけて九州大学の三田敏治助教が論文で発表する企画を実施。都内の小学2年生松島理桜ちゃん(8)が当選し、香川から当選パネルが贈られた。昆虫が大好きで喜びを爆発させた理桜ちゃんに、香川は「今の子は昆虫と触れ合う機会がないので、彼女みたいな子がいるのは虫さんにとっても喜ばしいこと」と独特の目線で祝福していた。

あなたにおすすめ