「半分、青い。」“マアくん”中村倫也、プライベートも“癒やしオーラ”全開!「ひたすらかわいい」の声

ザテレビジョン

2018/9/12 11:04

9月12日放送の情報番組「あさイチ」(NHK総合)に俳優の中村倫也がゲスト出演。連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK総合ほか)で演じるマアくんそのままの癒しオーラで、MC陣と視聴者を魅了した。

■ よく歌う曲は「ラブ・イズ・オーヴァー」

ヒロイン・楡野鈴愛(永野芽郁)が様々な人生経験を積みながらやがて“一大発明”を成し遂げる「半分、青い。」で、中村は鈴愛の青春時代の恋の相手・マアくんこと朝井正人として登場。一躍お茶の間の人気者へと駆け上がった。

鈴愛との恋は終わり、一度6月6日の放送を最後にドラマから姿を消した正人だが、9月3日放送の第133回からは老舗出版社で働くアラフォー独身イケメンとなって鈴愛たちと再会を果たした。時折語られる“10歳年上のアキコさん”との恋愛模様も注目を集めている。

11日放送の第140回では、律役の佐藤健と2人で小田和正「さよなら」をアカペラで歌うシーンも。美しいハモリを響かせた。

この日の「あさイチ」には、「半分、青い。」で共演する小西真奈美とともに出演。冒頭、さっそく視聴者からの「きのうの歌声、素敵でした」のメッセージを受け取った中村。「カラオケでよく歌う歌は?」の質問に「カラオケですか…『ラブ・イズ・オーヴァー』ですかね」と、1979年にリリースされ今も愛される欧陽菲菲の名曲を挙げると、MCの博多華丸・大吉と近江友里恵アナ、ゲストの小西も一様に「ええ~!」とビックリ。

「最近熱唱系が好きなんです。めっちゃ声張ってサビを歌ってます」と明かす中村に、華丸はドラマの設定と掛けて「年上のお姉さまをイメージしながらですかね」とニヤリ。中村も「ふふふっ。アキコさんですね」と笑顔で応じていた。

■ 華丸「マアくんのまんま!」と感嘆

番組中盤では、ペンネーム“あきこさん”からのお便りが紹介された。近江アナが「“あきこさん”なので(ドラマを見ながら)いつもドキドキされているそうです」と振ると、中村はパッと笑顔に。

その“あきこさん”からの「冷静に対応できる方法やリラックス方法などあれば教えてください」の質問には、「(プライべートで怒ることは)ないですね。3年に1回あるかどうか。完璧を求めすぎてないかもしれないですね。自分にも周りにも。『まあまあ、楽しければいいじゃん』みたいな。笑って終わらせるようなところがあります」と回答。華丸は、「マアくんのまんまみたいな感じやね」と感嘆の声を上げた。

一方、同じ質問に小西は「私は怒っているのがあんまり伝わらないので、『まあいっか』って。お水一杯飲んでみたらいいんじゃないでしょうか」と提案。近江アナは「ほのぼのするアドバイスですね」と笑顔で受けていた。

中村の出演に、SNSなどではファンから「『あさイチ』で朝からマアくん。眼福!癒された~~~」「中村倫也さん、マアくんとはまた違う色気がたまらない!」「ひたすらかわいい」「なごむの一言」「平和オーラがすごい」といった声が上がっている。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/161821/

あなたにおすすめ