清水健太郎 三田佳子次男4度目逮捕で「3回あることは4回あるよ」

 歌手で俳優の清水健太郎(65)が12日、TBS「ビビット」(月~金曜前8・00)にVTR出演。女優の三田佳子(76)の次男で職業不詳・高橋祐也容疑者(38)が覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕された件について言及した。

 高橋容疑者が4度目の逮捕となったことに、「しゃあないやろね。3回あることは4回あるよ。周りの友達のサポートとかがあって、初めて治る病気だと私は思ってます。依存症という病気ですよ、これは」と薬物関連容疑で6度の逮捕を経験している立場でコメント。「みんな(やめる)意志は固いんですよ。俺もそうやった。固いんだけど、その間の隙間にクラック、ヒビが入ったら、スウッと入ってくるのが覚せい剤ですわ」と覚せい剤の怖さを訴え、逮捕された時の心境として「もう捕まって、警察にありがとうございますって。そのままだったら死んどったもん」とも語った。

 番組スタッフから「今はまったくない?」との質問を受けると、「なんか疑ってるの?」と質問で返した清水。どうやって克服したのか?との質問には「うちの妻に『私と覚せい剤、どっち取る?』って。『ドラッグ取るんだったら、私は帰る』と(言われた)。で『お前を取る』と」と妻とのやり取りを明かし、「思うと、やっぱり愛するものとか、守るべきものとか、なかったんだなと思います。僕は(妻に)立ち直らせてもらって、本当にありがたいと思っている」と妻に感謝した。

 母である三田に対して「お母さんもそう、奥さんもそう、お父さんもそう、子どもそう、友達もそう。支えていかなきゃ。目で見張っておかな。(延々と見張っている?)そうですよ!でも、自分からやめますよ。そうやってみんなで支えてくれているんだって思いが伝わった時、やめるでしょ。まだ伝わってないんですよ」と苦言も。クスリを断つことは「そりゃ、できるでしょ。やらな。家族総出で」と力を込め、「僕はエールを送りたいですよ。絶対に立ち直れるから。俺のところに来い!って」とエールを送った。

 スタジオで清水のVTRを見守った番組MCの女優、真矢ミキ(54)は「あれだけ力強く清水健太郎さんが発言してくださったんですが、清水さんも6回目。これをどうとらえていいのかわからない」と複雑な表情を浮かべていた。

あなたにおすすめ