安室奈美恵、ファンの思いに涙&感謝「説明しなくてもキャッチしてくれる」


16日をもって引退する歌手の安室奈美恵のインタビューが、12日放送のNHK朝の情報番組『あさイチ』(NHK総合 毎週月~金曜8:15~)で放送された。

安室は引退が迫った今の心境について「あっという間ではあったんですけど、一つ一つきちんと、自分の気持ちを伝えることもしたし、きちんと完結したものを1年間しっかりやってきたので、あとはみんなで楽しんで15日・16日を迎えるだけだなという感じがします」と説明。16日はどこにいるのか聞かれると「たぶん沖縄にいます」と明かした。

そして、ファンからのメッセージが流れると涙。「ちょっと涙もろくはなっている感じがします」と笑い、「あまりファンのみなさんの声を聞く機会はないので、この1年はそういう場面が多かったので、単純にうれしいなという感じです」と話した。

また、20歳での結婚・出産を振り返り、「そのときはまだ20歳だったので1年って長くて、長いなって思った瞬間に焦りが押し寄せてきて、自分のポジションって何だろうって考えたり、冷静に安室奈美恵は今後どうしたらいいかなっていうのをちょっとずつ考え始めた時期だったかなと思いますね」と打ち明けた。

1998年12月31日に紅白歌合戦で復帰して以降、コンサートを中心に活動してきた安室。「ライブは毎年楽しみ。自分自身も楽しみだし、ファンのみなさんと会える唯一の場所なので」と話し、続けて「ファンのみなさんに『ここみんなで一緒に歌ってね』っていうことも言わずにマイクを振るので、1年目は『歌えってことなの?』と戸惑いがあって、2年目は『去年もやってた』、3年目は『そこね』って、みなさん説明しなくても私の言いたいこととかやりたいことをキャッチしてくれる。本当にすばらしいファンのみなさんだなと」と目をうるませながらファンへの思いを語った。

そして、「歌って踊ってかっこいい歌手になりたいと思ってデビューして、引退するときにそういう歌手になれたかどうかは、みなさんの判断ですね」としながらも、「私はそうなりたいし、そうなれるようには一生懸命やってきたので、やりきったというのはありますね。悔いなく」と晴れやかな表情を見せた。

あなたにおすすめ